evesta歌詞検索

五月雨(NSP)の歌詞ページです。

五月雨 歌詞

歌:NSP

作詞:天野滋

作曲:天野滋

二つも年をごまかして 僕に抱かれ
行きずりの恋なんて言った君さ
どうしてそんなに意地を張るの その理由は
聞かないでいたほうが良かったよ
素敵な恋を失くしたの
そんなことをこの僕に
幼い頃の想い出を 笑顔で話す君でいてね
失くした恋は忘れてさ
人の幸せ恨むより
やさしいだけの君がいい
終った恋は忘れてさ いいね

こんな夜に雨だなんて 憂うつだなあ
せっかく君が 尋ねて来ても
どうして自分を苛めるの
悲しいことは誰だって
一つや二つあることさ
人は黄昏年老いて 遠い想いに背を向けて
歩き疲れ泣き尽くす
誰の心を憎むより
悲しさ辛さ嘆くより
僕の愛を受け止めて いいね

失くした恋はこの五月雨に 洗い流してしまえばいい
過ぎた後はなつかしいだけ
今は僕のこの胸に 抱かれ眠れぐっすりと
何もかも忘れてさ いいね

NSPについて

1972年、ニュー・サディスティック・ピンク(New Sadistic Pink)結成、当初はロックを中心に活躍。 1973年  第5回ヤマハポピュラーソングコンテストで『あせ』がニッポン放送賞を受賞。  6月、『さよなら』でデビュー。バンド名の“ニュー・サディスティック・ピンク”がフォークソングに似合わないと言う理由で、N.S.Pというバンド名に変更してデビュー。 1980年代  メンバーそれぞれのソロ活動が多くなり、1985年には中村が脱退。  1987年活動停止。 2002年  再結成。 2005年  2月、19年ぶりの新曲『水のせいだったんです』、アルバム「Radio Days」をリリースしたが、7月1日、天野滋が療養中の病院にて脳内出血で死去した。 2008年  6月、中村貴之はソロ活動を開始しミニアルバムをリリースした。 《メンバー》 ・天野 滋(あまの しげる)  1953年5月5日 - 2005年7月1日  ボーカル、ギター担当。  岩手県一関市生まれ  A型 ・中村 貴之(なかむら たかゆき)  1953年6月12日 -  ボーカル、ギター担当。  岩手県宮古市生まれ  O型 ・平賀 和人 (ひらが かずと)  1954年1月6日 -  ボーカル、ベース担当。  岩手県花巻市生まれ  A型
NSPの人気歌詞
さようなら

やけに真白な 雪がふわふわ 真っ裸の木 ...

線香花火

はじっこつまむと 線香花火 ペタンと  ...

歌は世につれ

街頭では学生たちが マイクをもって声を ...

八月の空へ翔べ

草原の白い柵に 少女の君が寄り掛かって ...

雨は似合わない

頭の中をぐるぐると いろんなことがかけま ...

八十八夜

ひきだしの中からあの人の写真 みんな棄 ...

夕暮れ時は淋しそう

田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチ ...

赤い糸の伝説

人は生まれながら 赤い糸で結ばれている ...

愛のナイフ

窓をたたく人の影に 飛び起きてドアを開い ...

お休みの風景

明日はほんとに行こうと いっていたんじゃ ...

僕たちの失敗

今さら君に謝れと 云っても遅いと分かって ...

面影橋

君には君を愛する人がいつもそばにいるのに ...

ゆうやけ

やんちゃぼうずが走ってく このかいわい ...

雪どけ水はつめたくて

雪どけ水は冷たくて つかっているのはつら ...

夕陽を浴びて

ギター弾いていると 君の後に沈んでく ...

遠野物語

朝霧に包まれ 静かに眠る山々は 雪溶け ...

君と歩いてみたくて

ひさしぶりだネ こんないいお天気は ず ...

昨日からの逃げ道

思い出が 思い出でしかないことは 分か ...

夏の日射しがいっぱい

窓の向こうセミ達がうなる 短すぎる僕の ...

残像

何がそんなに悲しくて 憎みあったというの ...