evesta歌詞検索

愛はときおり…(音羽しのぶ)の歌詞ページです。

愛はときおり… 歌詞

歌:音羽しのぶ

作詞:花岡優平

作曲:花岡優平

子供達(こどもら)が 巣立ったら 旅行に行こうね
あの頃よりも少しだけ 贅沢(ぜいたく)もいいね
夕暮れの 茜空 一番星がキラリ
見てたら聞こえてくるよう そんなあなたの声
愛はときおり 急ぐ旅をする
どうして神様 連れていったの
私の方が 大切な人…。

公園の ベンチには 年老いた夫婦
何も聞こえはしないけど 笑って話してる
二人にあんな日が 来ると信じてた
どうして神様 連れていったの
私の方が 必要な人…。

電車に乗れば 席を譲るし 初詣は欠かさず
あんまりお金はなかったけれど 嘘もない人

愛はときおり 急ぐ旅をする
どうして神様 連れていったの
私の愛する 大切な人…。
大切な人…。

音羽しのぶについて

2001年  9月5日「しのぶの渡り鳥」でキングレコードよりデビュー。  「第43回 輝く!日本レコード大賞」新人賞受賞。  「第35回日本有線大賞」有線音楽賞受賞。
音羽しのぶの人気歌詞
名前の無い恋

ふとした 優しさに ひかれあい 気がつ ...

おんな上州路

笠に一輪 椿の花を 射せば見返る 外道 ...

大瀬崎灯台

指させば 指の先まで 染まってきそうな ...

江差情歌

北の海原 時化(しけ)てはいても 夜明 ...

箱根峠

曲りくねった 東海道を 強羅右手に 芦 ...

女…そして女

切り花一輪 グラスに挿して おくれ髪そ ...

女・十年

肩が触れあう ただそれだけで こころが ...

故郷よ…

東京始発の 夜行列車に 乗れば朝には ...

おんなの信濃路

碓氷(うすい)峠を 夜明けに越えりゃ ...

風の吹きよで

よしな よしな 夜も更けたから 飲んで ...

周防灘

群れ翔(と)ぶカモメを 引きつれながら ...

女・十年

肩が触れあう ただそれだけで こころが ...

最上川恋唄

霧に抱かれた お山のように わたしはあ ...

ことぶき丸

夢の纜綱(ともづな) 心の帆綱(ほづな) ...

二年酒

あなたと別れてもう二年 ひとり上手の女 ...

酒がたり

夢のはかなさ 孤独の寒さ まぎらす筈の ...

泣き酒

女の垣根は 男の風で 強くもなれるし ...

最終霧笛

女のいのちの 黒髪で 男ごころを 繋ぎ ...

昔の彼に逢うのなら

昔の彼に逢うのなら 夕暮れ時の街角で ...