evesta歌詞検索

赤城山(島津亜矢)の歌詞ページです。

赤城山 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:野本 高平

作曲:村沢 良介

「幾百千里離れても、
俺の命を庇(かば)ってくれた、
赤城のお山と手前たちのこと、
忠治は生涯、忘れはしねえぞ。」

やむにやまれず 長脇差(ながどす)抜いた
俺を御用の 提灯(ひ)が囲む
これが運命(さだめ)か 裏街道
落ち目くだり目 涯(はて)ない首途(かどで)
さらば赤城山(あかぎ)の
さらば赤城山(あかぎ)の 月灯り

「関(かん)八州に身のおきどころ、
追われ追われて仮寝(かりね)の枕。
今日があっても、明日はねえンだ。
いいってことよ、泣くんじゃねぇ
あと振り返って背伸びをすりゃあ
赤城のお山は、拝(おが)めるんだ。」

義理の盃(さかずき) 男の意地も
勝てぬ浮世に 腹が立つ
どこへ飛ぶのか 雁の声
こんど逢う時(とき)ァ あの世じゃないか
風が身にしむ
風が身にしむ 秋しぐれ

「親子づれか、兄弟か。
――雁が鳴いて飛んでゆく。
やっぱりあいつも、
故郷(こきょう)の空が恋しいんだろうなあ。」

木綿(もめん)角帯(かくおび) 堅気(かたぎ)の姿
夢にまでみて 捨ててきた
どうせ戻れぬ 旅がらす
こころ故郷(こきょう)へ 草鞋(わらじ)は西へ
泣かぬ忠治の
泣かぬ忠治の 目に涙

島津亜矢について

昭和61年5月21日「袴をはいた渡り鳥」でデヴュー。平成13年12月紅白歌合戦初出場。
島津亜矢の人気歌詞
帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

大器晩成

枝を張るのは まだ早い いまはしっかり ...

梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

海鳴りの詩

五体に刻んだ 赤銅色(しゃくどういろ)の ...

大事なものほど 根っこのように 見えぬ ...

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき ...

愛染かつらをもう一度

花と嵐の青春を 涙と共に 生きるとき ...

阿吽の花

紫陽花を 紫陽花を ひとまず白に 染め ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

流れて津軽

よされよされと しばれて積もる 雪はお ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

君と見てるから

人はいつから 何かを愛し 何を疎むように ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

かあちゃん

最後にかあちゃんと 話しをしたのは 木 ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

都会の雀

雀 雀 都会の雀 雀 雀 夜明けの雀 ...