evesta歌詞検索

思い出の時差(来生たかお)の歌詞ページです。

思い出の時差 歌詞

歌:来生たかお

作詞:Takao Kisugi, Etsuko Kisugi

作曲:Takao Kisugi, Etsuko Kisugi

記憶の角度は 景色も時間も
美しく揺れて すべて輝き出す

四月の 若葉の眠る昼
心痛むほど 君が好きだった

あえなく12の僕はまだ
2つ年上の その差が遠くて

せせらぎに かかる虹 草を分けてはだしの
君を見る まぶしさと 水面からの
反射で熱が出そうで うずくまってた

Slowly ゆっくり 水に足をつける君
その動作が 止まったまま 今も見える
Dreams きりりと 眉をしかめて立ってた
すべて夢の 出来事みたい 今も

たそがれに 降り出した 絹糸のような雨
突然に 不機嫌になった君に
近寄りがたい大人の 匂い感じた

Slowly ゆっくり君がいた景色回る
時の流れ止めるほどに 夢と一緒

Dreams どうして思い出はきれいなまま
この僕を 連れ戻しては 誘うの

来生たかおについて

1976年シングル「浅い夢」にてデビュー。1977年 しばたはつみに提供した「マイ ラグジュアリー ナイト」のヒットにより、作曲家としても注目を浴びる。1981年「夢の途中」が映画「セーラー服と機関銃」の主題歌で薬師丸ひろ子のデビューシングルとなり、大ヒット。一躍、有名になる。ほかに「セカンド・ラブ」「シルエット・ロマンス」などのヒットがある。
来生たかおの人気歌詞
Goodbye Day

少しだけ 疲れた顔で 君は静かに 眠っ ...

夢の途中

さよならは別れの 言葉じゃなくて 再び ...

シルエット・ロマンス

恋する女は夢見たがりの いつもヒロイン ...

スローモーション

砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び ...

セカンド・ラブ

恋も二度目なら 少しは上手に 愛の ...

浅い夢

夏の日の 海の町 飛び散る きらめきの ...

気分は逆光線

今年は海へ 行きたくない気分 あぶない ...

はぐれそうな天使

足元くすぐる波さえ 少し遠慮がち 私は ...

美しい女

サヨナラは言わないで 去ってくれ いつ ...

夢より遠くへ

突然に心吹く風つらぬいて 少し危険でも ...

マイ・ラグジュアリー・ナイト

物語は始まったばかり 街の中 夜の中 ...

さよならのプロフィール

コーラの壜 砂に突き立て 苦い煙草 風 ...

スロー・ナイト

急ぎすぎて 恋をこわさずに ただやんわ ...

そっとMIDNIGHT

深く眠る街 消えやすい星たち あなたが ...

吐息の日々

美しすぎるとそれだけで ルージュを引い ...

ためいき春秋

毎朝男は背中を かがめてバス停へ歩く ...

終止符

熱病にも似た夏の日 やがて盛りも過ぎて ...

ゆっくり夏が

春はまたたくまで ゆっくりと夏が 街の ...

ディ・ブレイク

あなたの白いシャツが ブルーに染まる ...

燃えつきて、ディザイア

燃えつきて 一晩の 残された 爪のあと ...