evesta歌詞検索

やさしい都会(平山三紀)の歌詞ページです。

やさしい都会 歌詞

歌:平山三紀

作詞:荒井由実

作曲:筒美京平

真也のテレビも 終ってしまったし
電話をかけて くれる人もいない
枕と話して 眠ってしまおう
あすの占いを 読んでから
昔は一人じゃ やるせない日もあった
今ではすきなの
言葉もいらない 街のやさしさ

カーテンをかえて 気分もかわる
着てゆくスーツで 顔さえかわるけど
恋には深入り できないたちね
今もあなただけ おもってる
時々むしょうに 会いたくて窓をあける
遠くのネオンが ぼやけて
あなたといった海なの

昔は一人じゃ やるせない日もあった
今ではすきなの
言葉もいらない 街のやさしさ

言葉もいらない 街のやさしさ

平山三紀について

1970年『ビューティフル・ヨコハマ』でデビュー。翌年『真夏の出来事』が大ヒット。1977年ばんばひろふみと結婚するが2005年離婚。1982年に「平山みき」と改名。
平山三紀の人気歌詞
真夏の出来事

彼の車にのって 真夏の夜を走りつづけた ...

あなたの来る店

苦いのは気のぬけているビールのせいじゃな ...

ビューティフル・ヨコハマ

ヨコハマ ヨコハマ 素敵な男が ヨコハ ...

愛の戯れ

女ひとり ベッドに沈んで つらい恋や ...

忘れ得ぬ人

北国の青空は知らないわ 雲の流れのその ...

THIS MASQUERADE

Are we really happy ...

真夜中のエンジェル・ベイビー

ヨコスカ ヨコハマ ハラジュク ロッポン ...