evesta歌詞検索

豪商一代 紀伊国屋文左衛門(島津亜矢)の歌詞ページです。

豪商一代 紀伊国屋文左衛門 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:北村桃児

作曲:長津義司

惚れた仕事に 命をかけて
散るも華だよ 男なら
怒濤逆巻く 嵐の中を
目指すは遙か 江戸の空
花の文左の みかん船

肝の太さと 度胸の良さに
勇み集まる 十二人
力合せて 乗り出す船は
これも故郷の 人の為
征くぞ夜明けの 和歌の浦

浜辺に送る妻や子が、別れを惜
しんで呼ぶ声も風に悲しく千切
れとぶ、まして文左の新妻は、今
年十九のいじらしさ、
せめても一度もう一度、背伸びし
ながら手を振れど、雨と嵐にさ
えぎられ、かすむ良人(おっと)の後ろ影、
これが別れになりゃせぬか、女心
の切なさよ。

「白装束に身を固め、梵天丸に乗り
移った文左衛門。
時に承応元年十月二十六日の朝ま
だき。此の時、遥か街道に駒のいな
なき、蹄の音は、連銭芦毛に鞭打っ
て、パッ、パッ、パッパッパッパー。
馬上の人は誰あろう、歌に名高き玉
津島明神の神官、高松河内。可愛い
娘の婿どのが、今朝の船出の餞けと、
二日二夜は寝もやらず、神に祈願を
こめました。
海上安全守りの御幣、背中にしっか
りとくくりつけ、嵐の中を歯を喰いし
ばり親の心の有り難さ。婿どのイヤ
待ったと駆けつけた。」

涙で受取る文左衛門。
未練心を断つように、波切丸を
抜き放ち、切ったとも綱、大碇は、
しぶきを上げて海中へ、ザ、ザ、ザ、
さぶん――。
眺めて驚く船頭に、せくな騒ぐ
な此の船は、神の守りの宝船じゃ。
張れよ白帆を巻き上げよ、船は
忽ち海原へ、疾風の如く乗り出す。
寄せくる波は山の様、嵐はさな
がら息の根を、止めんばかりの凄
まじさ、舳(へさき)に立った文左衛門は、
両の眼をらんらんと、刀を頭上
に振りかざし、無事に江戸まで、
八大竜王守らせ給えと念じつつ、
熊野の沖や志摩の海、遠州相模
の荒灘も、男一代名をかけて、乗
り切る文左のみかん船。

沖の暗いのに白帆がサー見ゆる
あれは紀の国ヤレコノコレワイノサ
みかん船じゃエー

八重の汐路に 広がる歌が
海の男の 夢を呼ぶ
花のお江戸は もうすぐ近い
豪商一代 紀伊国屋
百万両の 船が行く

島津亜矢について

昭和61年5月21日「袴をはいた渡り鳥」でデヴュー。平成13年12月紅白歌合戦初出場。
島津亜矢の人気歌詞
帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

大器晩成

枝を張るのは まだ早い いまはしっかり ...

梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

海鳴りの詩

五体に刻んだ 赤銅色(しゃくどういろ)の ...

大事なものほど 根っこのように 見えぬ ...

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき ...

愛染かつらをもう一度

花と嵐の青春を 涙と共に 生きるとき ...

阿吽の花

紫陽花を 紫陽花を ひとまず白に 染め ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

流れて津軽

よされよされと しばれて積もる 雪はお ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

君と見てるから

人はいつから 何かを愛し 何を疎むように ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

かあちゃん

最後にかあちゃんと 話しをしたのは 木 ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

都会の雀

雀 雀 都会の雀 雀 雀 夜明けの雀 ...