evesta歌詞検索

恥ずかしすぎて(南野陽子)の歌詞ページです。

恥ずかしすぎて 歌詞

歌:南野陽子

作詞:康 珍化

作曲:都倉 俊一

あなたの前に出ると
わたし自分じゃなくなるのよ
そばにいるって思う
ただそれだけで 胸が高鳴る
なにげないね
おしゃべりのあとで
心に刺ったときめき
そらさないで そらさないで
見つめるのよ
思い切って 思い切って
打ち明けるの
Oh My Love
今よチャンス
どうして 目をそらすの
恥ずかしすぎて

夏の陽射しが影を
落とす廊下ですれちがうの
一瞬息を止めて
ただそれだけで まっ赤になった
いつか雨の日に
かしたハンカチーフ
そのまま返さないでいて
そらさないで そらさないで
見つめるのよ
少しずつね 少しずつね
近づくのよ
Oh My Love
今よチャンス
どうして 立ち止るの
恥ずかしすぎて

目がさめるとすぐあなたに 会いたくなる
離れてても遠くからね想っている
そらさないで そらさないで
見つめるのよ
思い切って 思い切って
打ち明けるの
Oh My Love
今よチャンス
なんにも 言えないのよ
恥ずかしすぎて
言えないのよ
恥ずかしすぎて

南野陽子について

マンガ雑誌の「ミス・マガジン」出身。 1984年、TVドラマ「名門私立女子高」でドラマデビュー。 1985年、「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。 1986年のTVドラマ「スケバン刑事 少女鉄仮面伝説」が大ヒットし人気を決定付けた。
南野陽子の人気歌詞
話しかけたかった

風が踊る 5月の街で 輝いてる 彼を見 ...

楽園のDoor

陽だまりの窓辺から 凍える街並見下ろすの ...

はいからさんが通る

朝もやにけむってる 運命のわかれ道 あ ...

吐息でネット

卒業式に はなやぐ並木路 駆けてゆく学 ...

風のマドリガル

小さな涙の 海を船が 行く 哀しみの風 ...

秋からも、そばにいて

※好きよ好きよはなれないで 夏は遠く か ...

涙はどこへいったの

君の胸の悲しみ それは僕の悲しみ やさ ...

さよならのめまい

言います さよならと はじめて 飛び越 ...

フィルムの向こう側

海の中を電車が 走る国に生まれた 言葉 ...

あなたを愛したい

あなたの夢でふと目覚めた夜明け 葡萄色 ...

冬の色

あなたから許された 口紅の色は から ...

悲しみモニュメント

眠れない夜 いくつも過ぎて 青い傷 消 ...

接近

夕暮れせまるカフェテラス ごめんと電話 ...

瞳のなかの未来

ついてゆくわ あなたが 夢をつかめる世 ...

秋のIndication

木の葉が色を変える 風の中を旅してます ...

パンドラの恋人

※とめて時間を その唇で まばゆい一瞬 ...

ダブルゲーム

ゆきずりで少し優しさで 恋をしかけてた ...

宝石だと思う ~ノエルの丘で~

このごろは少し すれ違いね 助手席で不 ...

へんなの !!

女の子がキャーキャー言って あいつ 図 ...