evesta歌詞検索

蜜蜂の毛布(tacica)の歌詞ページです。

蜜蜂の毛布 歌詞

歌:tacica

作詞:猪狩翔一

作曲:猪狩翔一

あの別のコードが泣いた部屋
独りでに今日をリタイヤ
あお向けになって流したのが
うつ伏せになって隠したモノ

新しくなった2階の部屋
キミらしくない日を貼って
眼の中に景色かないのなら
窓際で毛布を待って

もしも今夜
世界旅行か終わる事 分かっても

キミが眠る場所が
この街で一番綺麗な場所であろう
やがて そんな本当を
見失ってしまうだろうか

珍しく僕の使い方が
この針を便利にしたって
これだけの景色があったなら
明け方に恐怖はない

では向こう側の
予報にもない事が分かるかな

僕が眠るまでのこの場所が
一番綺麗なままの理由
やがてそんな本当を
忘れ去ってしまうだろうか

蜜を追うから迷える君達が
怯える日々に憑く魔物が
振り下ろした凶器も
涙を呑んだ途端に消えるのかな

1人眠ろうとして
「眠らないかい?」
「いや、眠りたいんだ。」

1人眠ろうとして
「忘れないかい?」
「いや、忘れないんだ。」

踊れない事で
消える世界は
そのオレンジの

キミが眠る場所は
この街で一番綺麗なままであろう
破れそうな毛布を
震える量と比例してみたいんだ

蜜を迫うから迷える僕たちが
怯える日々に憑く魔物も
キミが嫌いな多くも
いつもに飛んだ途端に消えるさ

眼ろうとして

tacicaについて

2005年4月結成。 インディーズ時代の2007年2月にライブ会場限定で発売したミニアルバム『Human Orchestra』が話題を呼び、500枚完売後に店舗限定流通盤としてリリース、インディーズチャートで首位を獲得。 2008年1月1stシングル「黄色いカラスe.p.」をリリース、オリコンインディーズチャート1位を獲得。 2008年4月1stアルバム「parallel park」をリリース。 2008年10月にSME Recordsへ移籍に際し1stアルバム「parallel park」の品番を変更し再リリース。 《メンバー》 ○猪狩翔一  ボーカル、ギター  1983年11月26日生まれ。 ○小西悠太  ベース  1983年12月01日生まれ。 ○坂井俊彦  ドラムス  1983年03月10日生まれ。
tacicaの人気歌詞
aranami

生きて行くなら 荒波に対峙するんだけど ...

newsong

歪なメロディーで出来た 愛されるべき生 ...

ハイライト

重傷と解っていて 怯えながら夜を跨ぐ生 ...

LEO

丸い滑走路を 皆 飛べると信じ直走る ...

某鬣犬

この街の病気も演技も傷も キミには関係 ...

HALO

空想が花束をくれる 頑丈な哀しみの下に ...

人鳥哀歌E.P.

鳥に帰ろうとして 水の飛沫に見付けた僅 ...

煌々

太陽に見惚れて 真昼に現れる月 生活 ...

From the Gekko

晩年 僕は開花して それの行き着く先が ...

その日、一日。

こんな背伸びや、翅が無くても飛べる様な。 ...

メトロ

愉しいとか 何もなくても 運びたいん ...

象牙の塔

完成間近の未来図を 壊して創る人になろ ...

発熱

何者でもない者 眼を光らせた 只の独 ...

神様の椅子

神様は知らない 僕が泣いた事と 「き ...

HERO

大胆に転べるスニーカー 爪先で堪える反 ...

黄色いカラス

元を辿れば僕の全部 取り返さなきゃ意味 ...

リッスントゥザミュージック

リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 ...

γ

何時まで経っても 僕と僕の身体 離れ ...

latersong

灯のない場所から 祈りを捧げる それ ...

ordinary day

ただ 胸の奥に 棲み着いて 燃える ...