evesta歌詞検索

心の花を咲かせよう(いきものがかり)の歌詞ページです。

心の花を咲かせよう 歌詞

歌:いきものがかり

作詞:山下穂尊

作曲:山下穂尊

僕等が駆け抜けた時期(とき) 明日へと向かう旅
多くを語らず自らその先を見据えてく

一瞬迷うけど必ず道がある 届かない様なゴールなんて無い

遠くに見えてた舞台に待つものは何だろう
心に蒔いたその種子はいつかきっと芽吹くんだ
眠れない一人の夜巡る思考回路は悟る
「今の自分で間違いない…」ってさ

心にある花を枯らさずに咲かせよう
夢がやがて確かな輝きへ変わるように
夢見たその景色は決して色褪せずに
永遠に僕等の胸に刻まれるのだから
今日の日もここに「僕」という意味を生む 曇り無き素朴な光だ

もう負けないと誓ったあの夜の泪を拭ったその時に宿った魂があって
忘れない日々を越えてやっと辿り着けた場所に
「後悔」なんてもんは必要ないってさ

心に咲く花を大切に育てよう 時に雨に打たれ 時に風に吹かれ
やがて花は朽ちても生まれゆく生命がある
永久に続く連鎖に「僕」という意味を持つ
あの日の僕等が笑う 咲き誇る花を慕う
今の僕等に向けるその眼差しは語る
日常の日々こそ奇跡 僕達が紡いでく奇跡
探すのは「特別」ではなく日常という名の目の前の奇跡

輝いた今日に感謝と惜しみなく続く拍手を
燃え尽きた僕等が今抱く誇りこそ持つべき必然
いつか今日が過去に変わり「今」に負けそうになっても
僕達は思い出すだろう 情熱に染まった日々を

心にある花をいつまでも咲かせよう
たとえ水が尽きても たとえ闇が覆っても
終わりという始まり 始まりという名の終わり
僕達はまだ歩いてく 僕達がまだ歩いてく
その先に未知なる癒えぬ痛みが待つとも ひたすらに続く未来が見たい
ひとひらの淡い奇跡を見たい

心の花を咲かせようについて

「心の花を咲かせよう」は、2008年12月14日にリリースされたいきものがかりの3rdアルバム「My song Your song」の収録曲で、2008年12月30日から2009年1月12日までの14日間にわたって行われた「第87回全国高等学校サッカー選手権大会」の応援歌です。「第87回全国高等学校サッカー選手権大会」では、広島代表の“広島皆実”が初優勝しました。

いきものがかりについて

1999年  2月、高校の同級生だった水野良樹と山下穂尊によって結成。 ユニット名は水野・山下が小学校1年生の時、一緒に「生き物係」をしていたことに由来する。 同年12月には同級生の妹、吉岡聖恵が加入。 2006年  3月15日、エピックレコードジャパンよりメジャーデビュー。 《メンバー》 ・吉岡聖恵(YOSHIOKA KIYOE)  パート:Vocal  生年月日:1984.2.29/血液型:A型 ・水野良樹(MIZUNO YOSHIKI)  パート:Guitar&Vocal  生年月日:1982.12.17/血液型:A型 ・山下穂尊(YAMASHITA HOTAKA)  パート:Guitar&Harmonica  生年月日:1982.8.27/血液型:O型
いきものがかりの人気歌詞
ありがとう

“ありがとう”って伝えたくて あなたを見 ...

YELL

「“わたしは”今 どこに在るの」と  ...

笑顔

だから僕は笑ってほしいんだ だから君と生 ...

ブルーバード

飛翔(はばた)いたら 戻らないと言って ...

帰りたくなったよ

心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑っ ...

SAKURA

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れ ...

熱情のスペクトラム

鳴りやまぬ 愛をさけぶよ すべてを抱いて ...

コイスルオトメ

つのる思いを打ち明けた 大きくうなづいて ...

気まぐれロマンティック

ロマンティック 恋のアンテナは 嵐で何処 ...

生きる

もうすぐ 春だね さくらは 咲くかな ...

じょいふる

キミノコエヲキカセテ サア ボウケンシテ ...

HANABI

煌いて 揺らめいて 蒼き夢 舞い放つ ...

ラストシーン

涙がとまらないよ 君に会いたくなる 春 ...

さよなら青春

悲しみを抱きしめて それでも冬を越えて ...

キミがいる

Ah 夢に見てた こがれていた キミがい ...

いつだって僕らは

輝いたその日々の中で僕らは何を見つけたん ...

風が吹いている

時代はいま 変わっていく 僕たちには願い ...

message

「最近、倦怠期?」って聞かれて 仏頂面し ...

あなた

あなたと ただあなたと 言葉をつないで ...