evesta歌詞検索

僕の唄(生田敬太郎)の歌詞ページです。

僕の唄 歌詞

歌:生田敬太郎

作詞:生田敬太郎

作曲:生田敬太郎

ボクがどうしてこんなに貧しい表現を
あらんかぎりしぼり出して
売れもしないまずい唄を作るのか
その答えは明瞭です
唄はボクの夢が自由に
誰にもじゃまされることなく
きままに支配することのできる
唯一の王国だと思うからです

悲しみに打ちひしがれて
街中をあてもなく歩いているとき
どうしてあの人達は黙って僕の前を
通り過ぎて行くんだろう
こんなにもボクが悩んでいると言うのに
こんなに足もとが確かでないのに
ああ人のかよわぬ古びた路地など
静かすぎて嘔吐もしない

この陰険な冷たいボクの愛撫を
期待して尻尾を振り振り
一生懸命愛嬌をふりまく野良犬に
どれほどのなぐさめを感じるか
だからボクは彼等を
賛美せずにはいられません
だからボクはいつもこの裏道を
口笛吹いて帰って来ます
生田敬太郎の人気歌詞
涙の影ひとつ

悲しんでばかりもいられないよ 外へ出れ ...

この暗い時期にも

この暗い時期にもいとしい友よ 僕の言葉 ...

気づいた時には

甘い言葉にのせられて 気づいた時には ...

あの頃

酔いしれた夜の中で 冷たく星が輝やき ...

生活

悩みは果てなく続くのだろうか 追えば追 ...

ホーボー

さすらい人は草枕 あてないノックを暗闇 ...