evesta歌詞検索

サーカスの唄(松平晃)の歌詞ページです。

サーカスの唄 歌詞

歌:松平晃

作詞:西條 八十

作曲:古賀政男

旅の燕 寂しかないか
おれもさみしい サーカスぐらし
とんぼがえりで 今年もくれて
知らぬ他国の 花を見た

あの娘住む町 恋しい町を
遠くはなれて テントで暮らしゃ
月も冴えます こころも冴える
馬の寝息で ねむられぬ

朝は朝霧 夕べは夜霧
泣いちゃいけない クラリオネット
ながれながれる 浮藻の花は
明日も咲きましょ あの町で

松平晃について

昭和8年、PRレコードのB面であった「サーカスの唄」が大ヒット。9年の「急げ幌馬車」、10年に「夕日は落ちて」、夫人の伏見信子と共演した11年の「花言葉の唄」や同年の「人妻椿」など次々にヒットを飛ばす。1961年没。
松平晃の人気歌詞
人妻椿

愛しの妻よ 泣くじゃない たとえ別れて ...

急げ幌馬車

日暮れ悲しや 荒野(あれの)は遙か 急 ...