男傘 歌詞

歌:井沢八郎

作詞:松井 由利夫

作曲:大沢 浄二

俺の俺のこぶしで 貴様の胸を
どんと一っ発 どやしてやろか
なんだいつまで くよくよするな
夢を広げろ 男傘

辛い辛い苦労は 覚悟の上で
故郷を出て来た 貴様と俺だ
どうせ無情さ 浮世の雨は
涙見せまい 男傘

俺と俺と貴様は いっしょのはずだ
固くむすんだ きずなじゃないか
胸をそらせて 歌ってゆこう
何を負けまい 男傘

井沢八郎について

昭和38年(1963)「男船」で念願のレコードデビュー。シングル第2弾「あゝ上野駅」が大ヒット。その後もパンチのある高音で演歌一筋。65歳になった今も元気に現役を続けている。女優の工藤夕貴が娘であることは有名だが、最初の頃は「井沢八郎の娘、工藤夕貴」だったのが、今では「工藤夕貴の父親、井沢八郎」になっちゃったョ。と目を細めながら娘の活躍を見守っている。ヒット曲は他に「男傘」「北海の満月」など。
井沢八郎の人気歌詞
ああ上野駅

どこかに故郷の 香をのせて 入る列車の ...

男船

なんだ なんだよ らしくもないぜ まさ ...

北海の満月

アーアーアー アーアーアー アーアー ...