evesta歌詞検索

ドルチェ・ヴィータ(浜博也)の歌詞ページです。

ドルチェ・ヴィータ 歌詞

歌:浜博也

作詞:槙 桜子

作曲:徳久 広司

泣いているんだね
おまえの肩がふるえてる
気づかないふりをして
部屋に背中を、背中を向けた
窓に広がる空 紺碧の海
輝くほどに心は暮れ惑う

※ドルチェ・ヴィータ
ドルチェ・ヴィータ
愛という 砂の城
ドルチェ・ヴィータ
ドルチェ・ヴィータ
口ずさむメロディー※

少し飲むがいい
葡萄の酒を飲み干して
戯ぎすぎ 疲れ果て
そして眠りに、眠りにつこう
午後の昼寝は今 時間さえ止め
少女のような おまえを見つめてる

ドルチェ・ヴィータ
ドルチェ・ヴィータ
溶けてゆく 砂糖菓子
ドルチェ・ヴィータ
ドルチェ・ヴィータ
口ずさむメロディー

夢のあと味だけ うたかたの街
飛び去る鳩が 夕日に燃えてゆく

(※くり返し)
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...