evesta歌詞検索

国定忠治(市川由紀乃)の歌詞ページです。

国定忠治 歌詞

歌:市川由紀乃

作詞:木下 龍太郎

作曲:宮下 健治

(台詞)
「赤城の山も今夜を限り、生れ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国を捨て、
可愛い子分の手前(てめえ)達とも別れ別れになる道途(かどで)だ。」

強い者だけ 大手を振って
渡る世間に 横車
押して追われて
今宵限りの 赤城山
月を浮かべた 水盃を
干して忠治の 男泣き

『たとえ義理でも 親子の縁を
切って来たのか 渡世ゆえ
さぞや辛かろ この国定を
許せ 板割り浅太郎
せめて形見の 勘坊だけは
後生大事に 抱いて行け
吹いて呉れるか 円蔵どんよ
せめて供養の 横笛を
渡る雁さえ 貰い泣き』

広く見えても 関八州は
追われ鳥には 狭い空
明日はいずこの
夢で見るやら 赤城山
すがる子分を 目顔で叱り
結ぶ忠治の 長草鞋
市川由紀乃の人気歌詞
命咲かせて

女心の 陽だまりに 情けしみます あな ...

なごり歌

オンボロロン ぼろぼろの ギター残して ...

雪恋華

愛することが なぜ罪になる 追われてふ ...

めばり川

恋(まつり)が終(おわ)って 夜が更けり ...

うたかたの女

どこであなたは 飲んでるの 時計の日付 ...

心かさねて

愛をください 小さな愛を 寒い心に 灯 ...

あなたがそばに

静かな夜が来る 終りのベルが嗚る あな ...

桟橋時雨

辛くなるから 見送らないで なんで言っ ...

浮世草

過ぎた恋だと 笑っても 口と心は 裏表 ...

おんなの純情

あなたのそばに そばにいられたら わた ...

逢いたいなぁ

どんなに 心 ふるえても あなたがいる ...

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴 ...

雨と涙に濡れて

夜の盛り場通り 傘もささないで 路地に ...

矢切の渡し

「つれて逃げてよ…」 「ついておいでよ ...

ひだまり

桜色のふるさとを 夢を抱いて旅立ち め ...

海峡岬

風が行くなと すすり泣く 波のしぶきが ...

ふるさとへ

懐かしい歌が聴こえる 風が緑を揺らすよ ...

勝手にしやがれ

壁ぎわに寝がえりうって 背中できいてい ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

越前恋吹雪

吠えるよに 波が逆巻く 押しよせる 涙 ...