evesta歌詞検索

哀愁列車(三橋美智也)の歌詞ページです。

哀愁列車 歌詞

歌:三橋美智也

作詞:横井 弘

作曲:鎌多 俊與

惚れて 惚れて
惚れていながら 行くおれに
旅をせかせる ベルの音
つらいホームに 来は来たが
未練心に つまづいて
落す涙の 哀愁列車

燃えて 燃えて
燃えて過ごした 湯の宿に
うしろ髪ひく 灯(ひ)がひとつ
こよい逢瀬を 待ちわびる
君のしあわせ 祈りつつ
旅にのがれる 哀愁列車

泣いて 泣いて
泣いているのを 知らぬげに
窓はふたりを 遠くする
こらえきれずに 見返れば
すがるせつない 瞳(め)のような
星が飛ぶ飛ぶ 哀愁列車
三橋美智也の人気歌詞
達者でナ

わらにまみれてヨー 育てた栗毛 今日は ...

古城

松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ ...

星屑の町

両手をまわして 帰ろう 揺れながら ...

夕焼けとんび

夕焼空が マッカッカ とんびがくるりと ...

リンゴ村から

おぼえているかい 故郷の村を たよりも ...

いいもんだな故郷は

すっかり陽気が良くなりまして ハァ 俺 ...

赤い夕陽の故郷

おーい 呼んでいる 呼んでいる ...

快傑ハリマオ

まっかな太陽 燃えている 果てない南の ...

おんな船頭唄

嬉しがらせて 泣かせて消えた 憎いあの ...

石狩川悲歌

君と歩いた 石狩の 流れの岸の 幾曲り ...

武田節

甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に憂い ...

おさらば東京

死ぬほどつらい恋に破れたこの心 泣き泣 ...

あゝ新撰組

加茂の河原に 千鳥が騒ぐ またも血の雨 ...

一本刀土俵入り

角力(すもう)名のりを やくざに代えて ...

リンゴ花咲く故郷へ

生れ故郷を 何で忘れてなるもんか 昨夜 ...

君は海鳥渡り鳥

海の鳥だと 承知で好いたにヨー なまじ ...

おさげと花と地蔵さんと

指をまるめて のぞいたら 黙ってみんな ...

母恋吹雪

酔ってくだまく 父さの声を 逃げて飛び ...

あの娘が泣いてる波止場

思い 出したんだとさ 逢いたく なった ...