evesta歌詞検索

津和野ひとり(森昌子)の歌詞ページです。

津和野ひとり 歌詞

歌:森昌子

作詞:山上路夫

作曲:新井 利昌

恋した娘は なぜだか知らず
ひとりで旅に 出かけます
私も同じ 雑誌に出てた
津和野の街へ 来たところ
あああー 城下町を 歩いていても
小さな宿屋に 泊っていても
想うはあなたの ことばかり
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

好きならどうして 逃げたりすると
あなたに言われ 泣きました
意気地がないの ゆれてる想い
今度の旅で 直します
あああー古い街の このたたずまい
白壁うつした せせらぎさえも
あなたと二人で みたかった
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

森昌子について

1971年日本テレビ系スター誕生!に出場。初代グランドチャンピオンとなる。1972年7月「せんせい」で歌手デビュー。翌年デビューした山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。1973年NHK紅白歌合戦初出場。 1983年の「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。1986年10月歌手の森進一と結婚。歌手業を引退。2005年4月離婚。2006年5月、NHK「歌謡コンサート」で復帰。新曲「バラ色の未来」リリース。
森昌子の人気歌詞
せんせい

淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降 ...

越冬つばめ

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で ...

立待岬

北の岬に 咲く浜茄子の 花は紅 みれん ...

孤愁人

祭りが過ぎたら町に 残るものは 淋しさ ...

おかあさん

やせたみたいね おかあさん ふざけて ...

なみだの桟橋

どこへ行くとも 言わないで 夜明けあの ...

中学三年生

別れの季節の 悲しみを 生まれてはじめ ...

信濃路梓川

かなかな鳴いてる ひぐらしが 心にしみ ...

愛傷歌

命がいつか 終るよに 別れがくるのね ...

寒椿

森のみどりに ひとすじの 想い出につづ ...

哀しみ本線日本海

何処へ帰るの 海鳥たちよ シベリアおろ ...

花魁

心は主(ぬし)さん一人のものと 誓った ...

夕顔の雨

夕顔つんだら 雨になる 雨が降ったら ...

春の岬

風邪をひいてる 私をだいて ぼくにうつ ...

ためいき橋

白い手紙 びりびり引き裂いて 橋の上か ...

悲しみの終着駅

幼い頃から あなたのことを 探していた ...

ふるさと日和

あの人に逢いたくなって あの人のふるさ ...

あなたを待って三年三月

約束した日は もう近い 三年三月に や ...

夕笛の丘

淡いりんどう 咲く道で 小指の傷を く ...

面影の君

白くこぼれる 花を見て 恋の終りを 知 ...