evesta歌詞検索

大忠臣蔵(島津亜矢)の歌詞ページです。

大忠臣蔵 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:松井 由利夫

作曲:村沢 良介

(セリフ)かぜさそふ
はなよりもなほ われはまた

ならぬ堪忍 耐えてこそ
武門の意地も 立瀬川
今はこれまで この一太刀を
吉良殿お受け 候えや
吾れ桜木の 花と散る

(セリフ)殿中にての刃傷沙汰は
罪萬死に値すること
この内匠頭 重々承知 いたしております
さりながら 積もる遺恨の数々…
浅野家五万三千石 所領も捨て
家臣を捨てての 覚悟の所業でござる
梶川殿…武士の情けじゃ この手を離してくだされ
今ひと太刀…今ひと太刀 上野介を
討たせてくだされ…梶川殿

忠に生きるは 武士の道
命を盾の 槍ぶすま
敵を欺く 言挙げならば
瑤泉院さま 許されよ
雪ふりしきる 南部坂

(セリフ)われら幡州赤穂の浪士
大石内蔵助以下 四十七名の者どもでござる
この言挙げは私怨に非ず
天下の御政道の是非を正すためなり
おのおの方 かまえてその旨を心にしかと刻まれい
忠左衛門どの…吉良殿の所在は未だつかめぬか
源五…東の空も白んでくるわ くまなく探せ
われらの命運は あと半刻ぞ…
天よ地よ神よ仏よ 慈悲あらば
われらが本懐を 遂げさせたまえ
“吉良殿…見つかり申した…”

あれは山鹿の 陣太鼓
一打ち 二打ち 三流れ
一期一会は この世のならい
粒々辛苦 血の涙
暁 染める 松坂町

島津亜矢について

昭和61年5月21日「袴をはいた渡り鳥」でデヴュー。平成13年12月紅白歌合戦初出場。
島津亜矢の人気歌詞
帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

大器晩成

枝を張るのは まだ早い いまはしっかり ...

梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

海鳴りの詩

五体に刻んだ 赤銅色(しゃくどういろ)の ...

大事なものほど 根っこのように 見えぬ ...

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき ...

愛染かつらをもう一度

花と嵐の青春を 涙と共に 生きるとき ...

阿吽の花

紫陽花を 紫陽花を ひとまず白に 染め ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

流れて津軽

よされよされと しばれて積もる 雪はお ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

君と見てるから

人はいつから 何かを愛し 何を疎むように ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

かあちゃん

最後にかあちゃんと 話しをしたのは 木 ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

都会の雀

雀 雀 都会の雀 雀 雀 夜明けの雀 ...