evesta歌詞検索

君の中の少年(馬場俊英)の歌詞ページです。

君の中の少年 歌詞

歌:馬場俊英

作詞:馬場俊英

作曲:馬場俊英

もう10年以上前の汗が 染み込んだ古いグローブの
中で汗をかいた手のひらが 何かつかもうとしているんだ

市営グラウンドの駐車場の壁に思い切り投げつけた
ボールはまるで行き場所の無い 情熱の塊のように
跳ね返り 跳ね返り 跳ね返り
転がって 転がって 転がって また戻って来る

あの寝転がった草の匂い あの滑り込んだ土の匂い
息を呑み込んだ一瞬の静寂 見上げた空の色
あの青春の輝きが この頃は憎たらしかった
信じることから だから逃げながら

夕暮れ時と日曜日は ボールの音が響き渡る
汚れた壁は いくつもの 破れた夢と哀しみの跡
ひたすら壁にぶつけては ひたすらそれを受け止める
Oh- ああ もう一度 もう一度 夢が欲しい

終電車の窓に映る 自分の顔を眺めてた
坂道の途中で立ち止まり 君が待つ部屋の明かり見つめた

ゲームセットのその前に スリーアウトのその前に
もう一度確かめてみたい もう一度あの壁に向き合って
抱きしめて 抱きしめて 抱きしめて
受け止めて 受け止めて 受け止めて 取り戻してみたい

あの土砂降りの雨の匂い 君を抱きしめた髪の匂い
息を止めて 全身で感じた 飛び出しそうな鼓動
あの青春の輝きに 追いつけなくて苦しかった
見つめることから だから逃げながら

ずっとずっとずっと前に 忘れかけていたスピードで
鼓動がリズムを刻み出す まだやれる 間に合うかも知れない
まだ間に合うかも知れない まだ間に合うかも知れない
グローブの中で汗ばんだ手が 今 何かつかもうとしている

ああ もう一度 もう一度 夢が欲しい

この街のどこかに今も あの日の夢が眠らせてある
暗闇の向こう側から 少年の瞳が 僕を見つめている

馬場俊英について

1996年2月21日、シングル『星を待ってる』でフォーライフよりデビュー。 2005年1月、FM東京系JFN全国ネット「ASAHI SUPER DRY ACCESS ALL AREA」番組内で「人生という名の列車」を書き下ろし、大反響を受ける。
馬場俊英の人気歌詞
ボーイズ・オン・ザ・ラン

Hey Boys do it Do it ...

スタートライン~新しい風

もうダメさ これ以上は前に進めない そ ...

弱い虫

雨にも負けず 風にも負けないで 欲はな ...

人生という名の列車

人生という名の列車が走る 時代という名 ...

平凡

最近、僕が変身をしなくなったのは 電話 ...

今日も君が好き

朝の光に目を覚ますと この頃は少しせつ ...

ラーメンの歌

つまらない嘘をついて いつまでも泣いてい ...

一瞬のトワイライト

信号待ちで ぼんやり街を眺めていたんだ ...

K点を超えるなら靴擦れを直せ

ハートせつなく 会話つたなく カーブを ...

青空

毎日の暮らしにふと気が滅入ったとき 小 ...

花火

そこに車停めて 外で少し休もう 川の近 ...

旅人たちのうた

得意な顔で並んだ 写真の中の僕らは い ...

昭和生まれの星屑野郎

番号! 1 2 3 4 5 6 7 み ...

スーパーオーディナリー

もしも巨人と阪神の選手が全員入れ替わった ...

最後まで

最後の最後まで 歩き続けよう 夢がある ...

100倍の微笑み

抱き合っても なんとなく唇を重ねても ...

アスファルトに咲く花

アスファルトに咲く花の色に 今日はなぜ目 ...

右と左の補助輪

指で数えてみれば すぐに辿れるほどの 季 ...

待ち合わせ

もしも君に逢えるのなら まず初めにどんな ...