evesta歌詞検索

と・も・子…(吉幾三)の歌詞ページです。

と・も・子… 歌詞

歌:吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

(せりふ)
とも子と二人で暮らしてた頃、ハッピーでナウな日々だった。
“買物に行って来まーす”ってとも子。
“行ってらっしゃい、 気いつけてね”ってわたし。
それっきりかれこれ一年にもなるべか。
買物に行ったきり一年も帰って来ないオナゴって、
どこにいるもんだべか?さみしくて、恋しくて、
とも子のはいてたパンティーいつも頬づりしてるの。
たまにかぶって歩いたりしてるの。
“とも子歯のキレイな人キライ、 髪の毛キチンとわけてる人もキライ。
男のくせにオーデコロンつけてる人大キライ!
とも子どんな汚いかっこうでもいいの、心のキレイな人なら”
って云うから、わたし一年ぐらいだべか、 歯も磨かないで、
頭の毛ぼさぼさで、 風呂なんか入ったこともネェ。
したらとも子“汚なすぎる!”って…
とも子捜して旅に出た。
盛岡、仙台、福島、山形、グルっと回った。
とも子の田舎秋田だって聞いて、秋田たずねて行った。
そしたらアパートの管理人が出て来て
“ああその人ならたった今引越しましたよ”って。
どこへ行ったか分かりますかァったら
“青森に行くようなこと言ってましたョ”って。
青森たずねてみれば、別人でスンゴクきれいだったりして…
秋の函館とも子の居る所わかった。
アパートの下から、とも子俺だョーったら
とも子窓から顔ベローと出して、いきなり ワーッと泣いて。
どうしたの?とも子大きなお腹して、食べすぎたのったら
“子供できたの”って。
アレー誰の子供なのってたずねれば
“知らない”って、 涙コひとつポロとながして、…
かわいそうなとも子、あれから3回目の秋だ、
とも子が死んでから3回目の… 3回目の秋だ…

この唄を貴方に 聞かせたかった
この唄を貴方に 聞いてほしかった
この海の向こうに 旅に出た君に
間に合わなかった 花束のかわりに
貴方のために作った この唄
二人の愛の唄
この唄を貴方に 聞かせたかった
でも今は居ない
貴方に遅かったラブソング

この愛を貴方と 育てたかった
この胸を貴方に 打ちあけたかった
あの星の向こうに 旅に出た君に
渡せなかった 指輪のかわりに
貴方のために作った この唄
二人の愛の唄
この愛を貴方と 育てたかった
でも今は居ない
貴方に遅かったラブソング

ララ……とも子、とも子
遅かったラブソング

吉幾三について

青森より上京後、作曲家・米山正夫氏に師事。昭和47年「恋人は君ひとり」(芸名:山岡英二)でデビュー。昭和52年11月25日「俺はぜったいプレスリー」を発表し、『吉幾三』に改名して、シンガー・ソング・ライターとして再デビュー。その後は、本格的な叙情演歌「雪国」が大セールスを記録し、イロもの的な印象を払拭。さらに「酒よ」「酔歌」といったヒット曲で一躍大御所の仲間入りに。
吉幾三の人気歌詞
俺ら東京さ行ぐだ

テレビも無エ ラジオも無エ 自動車もそ ...

Dream

住みなれた 我が家を 雲と 青空の下 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

酒よ

涙には幾つもの 思い出がある 心にも幾 ...

雪國

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少 ...

酔歌

ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は ...

娘に…

幸せに なるんだよ 二人してきっと 涙 ...

かあさんへ

あなたの背中で… かあさん あなたの腕 ...

立佞武多

※ヤテマレー ヤテマレー ヤテマレー ...

これが本当のゴルフだ!!

ハァ~ パ-も無ェ ボギ-も無ェ バ- ...

酒よ…追伸

涙には幾つもの 思い出がある 心にも幾 ...

男ってやつは…

ひざを合わせて 男の酒は 飲まなきゃ ...

百年桜

雪解けの 岩木山(いわきさん) 隠すよ ...

津軽平野2011

津軽平野に 雪降る頃はヨ 親父(おどう ...

風に吹かれて…

お前とあの時 出逢ったあの日 季節は春 ...

岩木川

今でも 町を流れる 雪解けの水は輝き ...

俺はぜったいプレスリー

俺は田舎のプレスリー 百姓のせがれ 生 ...

出逢いの唄

激しい道を 歩いていたら 激しい奴に  ...

酔歌…追伸

北の雪降る 海風を受けて 夢を語った ...