evesta歌詞検索

祇園祭(谷村新司)の歌詞ページです。

祇園祭 歌詞

歌:谷村新司

作詞:谷村新司

作曲:谷村新司

化野をぬけて 清滝へ向かう
祇園祭りの遠ばやしを
逃がれるように 宿につけば
心細さもつのる
渡月の橋を 渡りきるまでは
振り向いちゃいけない 自分の過去だけは
真顔になった君は去年
確かにこの宿にいた
あー宵山の 人波にまぎれて
あー握りしめた 君の手を覚えてる今も

祇王の夢と祇女の涙
庭に佇み夕暮れまで
悲しすぎるわ女はいつも
男の為に生きてくなんて
結婚するより このままの方が
一生懸命 生きれるみたいと
つぶやく君は 僕よりずっと
大きく見えた旅の宿
あー宵山の 人波にのまれて
あー流れてゆけ 若すぎる恋の痣よ

風の噂に聞くこともない
祇園祭りに さらわれたまま
君の写真も少し黄ばんで
僕もいくつか年老いた
もっと男で いられたならば
君も女でいられたならば
恋に走れたあの年の夏
帰ることない暑い夏
あー宵山の 人波のどこかを
あー愛している あの人も流れているだろう

あー祇園祭りの 遠ばやしが聞こえる
あーあの日のまま あーあの日のまま
あーあの日のまま あーあの日のまま

谷村新司について

アリスのメンバー(vo&g)として、ソロとして、長年に渡り親しまれている国民的アーティスト。71年にアリス結成。翌72年、「走っておいで恋人よ」でデビュー。81年のグループ解散までに、「チャンピオン」「冬の稲妻」「君の瞳は10000ボルト」など、数多くのビッグ・ヒットを放った。
谷村新司の人気歌詞
今ありて

新しい季節のはじめに 新しい人が集いて ...

群青

空を染めてゆく この雪が静かに 海に積 ...

Far away

こんなに遠く離れていても 夜毎心は 空 ...

目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開け ...

チャンピオン

つかみかけた熱い腕をふりほどいて君は出て ...

サライ

遠い夢すてきれずに 故郷(ふるさと)をす ...

22歳

白いシーツをまきつけ 背中でサヨナラの ...

いい日旅立ち

雪解け間近の北の空に向かい 過ぎ去りし ...

三都物語

胸さわぎの旅は いま始まって 時の流れ ...

ハーヴェスト

心の鍵を開けたら 深呼吸してみよう す ...

陽はまた昇る

夢を削りながら 年老いてゆくことに 気 ...

玄冬記

通夜の夜には不釣合なほど 空一面の銀の ...

ツバメ

あなたに続くこの道は やがて私に帰る ...

階 -きざはし-

海を渡る風は夢の匂い運び 燃ゆる瞳をな ...

儚きは

時代の風を ほほに感じて 見上げる空を ...

忘れていいの

忘れていいのよ 私のことなど 一人で生 ...

秋止符

左ききのあなたの手紙 右手でなぞってみる ...

夜顔

気休めだけの言葉に 体も慣れたわ 今で ...

砂の道

歩いても 歩いても 歩いても 振りむか ...