evesta歌詞検索

大利根月夜(氷川きよし)の歌詞ページです。

大利根月夜 歌詞

歌:氷川きよし

作詞:藤田まさと

作曲:長津義司

あれを御覧と 指さす方(かた)に
利根の流れを ながれ月
昔笑うて ながめた月も
今日は 今日は涙の顔で見る

愚痴じゃなけれど 世が世であれば
殿のまねきの 月見酒
男平手と もてはやされて
今じゃ 今じゃ浮世を三度笠

もとをただせば 侍育ち
腕は自慢の 千葉仕込み
何が不足で 大利根ぐらし
故郷(くに)じゃ 故郷じゃ妹が待つものを

氷川きよしについて

平成8年4月 作曲家(水森英夫先生)の内弟子になるため上京。3年半の修業を積む。 平成12年2月2日 "日本コロムビア創立90周年記念"アーティストとしてデビュー。 名づけ親があのビートたけし。デビュー曲「箱根八里の半次郎」は演歌としては異例の60万枚というセールスを記録。
氷川きよしの人気歌詞
Papillon(パピヨン)

巡りゆく 時間(とき)の中 変化(へんげ ...

限界突破×サバイバー

興奮すっゾ!宇宙へ GO! 最先端の“ ...

離れていても そばにいてくれる 淋しく ...

きよしのズンドコ節

(ズンズンズン ズンドコ ズンズンズン ...

箱根八里の半次郎

廻(まわ)し合羽も 三年がらす 意地の ...

ボヘミアン・ラプソディ

これが現実? それともファンタジー? ...

Love Song

明日晴れたらあなたに逢いにいこう 自然 ...

花はおそかった

こんな悲しい窓の中を雲は知らないんだ ...

百万本のバラ

信じてくれますか 一人の若者が 小さな ...

大井追っかけ音次郎

渡る雁(かりがね) 東の空に 俺の草鞋 ...

足手まとい

足手まといだから 別れて行きます ゆう ...

骨まで愛して

生きてるかぎりは どこまでも 探しつづ ...

大江戸出世小唄

土手の柳は 風まかせ 好きなあの子は ...

新妻鏡

僕がこゝろの 良人(おっと)なら 君は ...

黄金岬

涙でにじんだ 別れの言葉 読めば淋しい ...

大丈夫

大丈夫 大丈夫 夢は果てなく 憧れ ...

Jewel

いつもと同じ朝の風も なぜか光って見え ...

最後と決めた女だから

花の咲かない 運命(さだめ)と決めて ...

ときめきのルンバ

教えてほしい 涙の理由を 僕でいいなら ...

花の渡り鳥

広い世間も 追われて渡る 渡り鳥には  ...