evesta歌詞検索

月と走りながら(坂本真綾)の歌詞ページです。

月と走りながら 歌詞

歌:坂本真綾

作詞:浜崎貴司

作曲:浜崎貴司

夏の匂いを 忘れるような
秋の気配に 包まれる夜
駅のホームで 今日はお別れ
ふたり階段 昇る手前で

言葉はうつむいて ぎこちない「おやすみ」
伝えきれぬ 心をまた置き去りに

最終電車が来るまでの あと数分間
「月が今夜は綺麗ね」と 勇気のないセリフ
終わる季節を眺め
「好き」と言えぬ私

何でも話せる 付き合いだから
変わり壊れる 事を恐れる

目の前の車内に 乗り込んで「サヨナラ」
閉まる扉 ガラス越し見せる笑顔

最終電車が動き出し 今日もまた
「これで良かった」と独り言 口にしないセリフ
触る微熱を抑え
月と走りながら 募る想いのまま 「好き」と言えぬ私

坂本真綾について

東京都板橋区出身の女優・歌手・声優・ラジオパーソナリティ。
坂本真綾の人気歌詞
逆光

憂鬱だった いつも目覚めると同じ天井があ ...

色彩

ひとりになると聞こえるの 苦しいならやめ ...

プラチナ

I'm a dreamer ひそむパワー ...

風待ちジェット

気がついてない 君はまだ 昨日さえ変え ...

スクラップ~別れの詩

これが悲しい出来事ならば やがて棄て去る ...

CLEAR

風って 鳥って 私より自由かな 翼がな ...

マジックナンバー

どうすればいいんだっけ あたりまえのこ ...

指輪~23カラット~

涙があとからあふれだして 最後の笑顔が ...

空白

振り向くと もうあなたの姿は見えなかった ...

モアザンワーズ

そこにいる君は 今だけの、君じゃない ...

ユーランゴブレット

鏡に映る私も違うのに 毎日同じことなん ...

クローバー

太陽が目覚めたら はじまる過酷な1日 ...

これから

角をまがって 橋を渡って 神社を通り抜け ...

レプリカ

ひとしずく落ちた 水の感触 僕は泣いて ...

約束はいらない (「天空のエスカフローネ」より)

ねえ 愛したら誰もが こんな孤独になる ...

宇宙の記憶

潮汐(うしお)が留め処なく満ちては引いて ...

私へ

傘を忘れてきたと気づいて 振り返った駅の ...

ポケットを空にして

風が変われば僕の道さえ少しは ましにな ...

スピカ

ありがとう 今ここにいてくれて きみは ...

マメシバ

昨日の雨は東の街に 冷たい星を降らせた ...