evesta歌詞検索

大人たちのFour Seasons(郷ひろみ)の歌詞ページです。

大人たちのFour Seasons 歌詞

歌:郷ひろみ

作詞:郷ひろみ

作曲:小森田 実

眠らない夜を過ごして
二人 濡れた髪で
走る 朝もやのFree Way
鄙た 島の裏へと
消え残る オレンジ色の
街の灯が やけにシュールで

※さよなら 告げるはずだった
これで最後と
でも 裏腹に 指はボサノバ
握った手をたぐり寄せ
強く抱きしめ
少し憂鬱な ラブソング※

「本気になる年齢じゃないわ」
あの日 君は言った
僕の指輪 はずしながら
酔った 唇かさね
大人びた 筋書きも
飲みかけのワイン飲み干せば……

「季節をまたぐ恋なんて
したくないけど
たまには迷うこともあるの」
耳に残るつぶやきは
夏枯れのバラード
ふりかえれば Four Seasons

(※くり返し)

郷ひろみについて

1972年『男の子女の子』で歌手デビュー。野口五郎、西城秀樹とともに新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになる。『裸のビーナス』(1973年)、『よろしく哀愁』(1974年)、『誘われてフラメンコ』(1975年)、『マイレディー』(1979年)、『How manyいい顔』(1980年)、『お嫁サンバ』(1981年)など、次々とヒットする。その後も本格派歌手として『哀愁のカサブランカ』(1982年)、『素敵にシンデレラコンプレックス』(1983年)、『2億4000万の瞳』(1984年)などのヒット曲を生む。
郷ひろみの人気歌詞
GOLDFINGER'99

不埒(ふらち)なリズムで ギラつく胸は ...

言えないよ

笑い過ぎたきみが涙 細い指でぬぐってる ...

2億4千万の瞳

見つめ合う視線のレイザー・ビームで 夜 ...

よろしく哀愁

もっと素直に僕の 愛を信じて欲しい ...

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

はじめからあきらめていたけど だけども ...

逢いたくてしかたない

もうだめだと言ったとき 泣いた君をただ見 ...

男の子女の子

君達女の子 僕達男の子 ヘイヘイヘイ ...

ウォンチュー!!!

(Uh-Uh-Uh-Uh-Uh Hah ...

ダブルブッキング

傷ついた言葉は 数え切れないけど 愛し ...

お嫁サンバ

恋する女は綺麗さ 決してお世辞じゃないぜ ...

忘れられないひと

夕闇が滲む古い Cafe terrace ...

いつも心に太陽を

汗を流したあとの 荒い呼吸の時が 君 ...

How many いい顔

ジゴロを気取った くわえ煙草を 真赤な ...

哀愁のカサブランカ

抱きしめると いつも君は 洗った髪の香 ...

花とみつばち

どうでもいいけど 帰るの いるの 夜明け ...

バイブレーション

ピリピリして昼下がりは 素肌に痛い 缶 ...

愛してる

言わなくても伝わるって 甘えて過ごしてし ...

強く儚い魔法で

恋する魔法も信じられる こんなに見つめ ...

未完成

年上の女 シルクの手ざわり うなじに触 ...

MAGMA

今はまだ鏡の中の誰も知らない君はダミー ...