evesta歌詞検索

ふるさと(長渕剛)の歌詞ページです。

ふるさと 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

ふるさとは捨ててきたはずなのに
私は今また何故ここに来たんだろう
三十年前暮らしてた私の家(いえ)
今では大工職人の花木さんが一人で住んでいた

黒くすすけた低い天井と
六畳一間の古い柱の傷
ここで父が荒れ狂い、母が泣き、姉が泣き
一家四人、全てあの時のまんまだ

ふぞろいの湯飲み茶碗で
花木さんが入れたお茶を飲み
目をつむったら聞こえてきた
精一杯の生きる故の残酷な
あまりにも残酷すぎる悲鳴が

貧しさが幼き瞳を
臆病という隅に追いやった時
「耐えて行くのだ!」といったい誰が
手をつかみ強く言えるのだろう

つかの間の優しさで、幼き瞳が
こぼれ落ちそうな涙をこらえたら
黙って両手でただ抱きしめるだけでいい
優しくなかったのは私なんだから

清らかすぎる心と
まぶしい誠実が
痛くて、恥ずかしくて、息苦しくなった時
人間は右手を自分の胸に
そっと、押し当ててみるものだ

いつの日からだろう心を語るのに
こんなに気をつけなきゃいけなくなった
悲しみが、どんな生き物よりわかるから
一心不乱に“勇気”と“希望”を探し当てるんだろう

しあわせが川の流れなら
なぜ、知らない人たちがせきとめるのか
壊れてゆこうとも生きてゆきたいのさ
踏みにじられたら腹から怒ればいいんだ

アジアの中の
日本という小さな島国は
私の少年よりもっと貧しくなったみたいだ
そして強いられるものは とてつもない窮屈さと
当たりさわりなき、意味のない自由というもの

私の中に今、沸き上がってきた感情
そうだ、これがまさしく私のふるさとなんだなあ

誰よりも強かった父よ、言葉を忘れ歩けなくなった母よ
はらはらと はらはらと最期の桜が散っています

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...