evesta歌詞検索

しあわせの小さな庭(長渕剛)の歌詞ページです。

しあわせの小さな庭 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

気の病に犯された夢遊病者のように
幾日も四畳半に閉じこもりっぱなし
引きちぎった電話線をてめえの首に巻きつけ
『死にてえ』などとお茶目にかわいぶってみた

やっと手に入れた“花の東京”200坪の土地
適当な家をおっ建てた
隔離されてる俺の部屋の窓から
みごとな咲きっぷりの赤と白の花々たち

ひと群れの太い木々たちが織りなす花々は
黙ったまんま腐る俺をいやしてくれる
そして俺は不安と恐怖からとき放たれる

我が家の庭先に小さな畑を
妻と三人の子供と耕し造った
いっしょに汗をかきかき種をまいた
『しあわせの花がどうか咲きますように…』と

お祈りしてからひとつ目の夏の終り
やっと花を咲かせた天高い向日葵
俺たち東京 五人家族の土の上から
灰色の空に垂直に向かう五本の向日葵たち

明日、俺 40回目の誕生日だ
花を見上げる俺たちはなぜか黙っている
瞳たちよ、このまま真っ直ぐはるか天まで届いてゆけ

やがて咲いたばかりの背い高ノッポの向日葵も
朽ち果て、しおれ、うなだれ、腐り、土にかえる
その時花の命の短いはかなさを
天を仰ぐ我が子は初めて知るのだろう

“希望”という名の裏側の絶望に
叩き落とされ死にたくなる時もあるさ
いつか家族で見上げた空の高さを想い出して
人より傷つき優しく厳しい人生(みち)をひたすら願うのだ

許してやろう、よっぽど辛かったんだろう
ほっといてやろう、よっぽど痛かったんだろう
ほめてやろう、よっぽど悲しく淋しかったんだろう

妻よ、君もいつの間にか三人の母親になった
君の立つ台所からはしあわせが見えるかい
庭先で餌をついばむ雨にぬれた五羽のニワトリを
老いた俺の親父の背中が必死で追いかけてる

きっと遠い昔、君も少女だった
ささやかな暮らしでも大切な人がいたはず
今、君の寝室に立てかけてある死んじまった
君の親父の写真から何か聴こえるかい?

※悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう
悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう
そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ※

(※くり返し)

しあわせの小さな庭で 天まで届け向日葵たち

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...