おまえの家 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

雨もあがったことだし おまえの家でも
ふっと たずねて みたくなった
けれど おまえの家は なんだか どこかが
しばらく 見ないまに 変わったみたい
前には とても おまえが聞かなかった 音楽が
投げつけるみたいに 鳴り続けていたし
何より ドアを あける おまえが なんだかと
言いかけて おまえもね と 言われそうで 黙りこんだ
昔 飼っていた猫は 黒猫じゃ なかったね
髪型も そんなじゃ なかったね
それは それなりに 多分 似合ってるんだろうけど
なんだか 前のほうが と 言いかけて とめた
言いだせないことを 聞きだせもせずに 二人とも 黙って
お湯の沸く 青い火をみている
何を飲むかと ぽつり おまえは たずねる
喫茶店に来てる気は ないさ

ねぇ 昔よく聴いた あいつの新しいレコードがと
わざと 明るく きり出したとき おまえの涙をみる
ギターは やめたんだ 食って いけないもんな と
それきり 火を見ている

部屋の隅には黒い 皮靴がひとつ
くたびれて お先に と 休んでる
お湯のやかんが わめきたてるのを ああと 気がついて
おまえは 笑ったような 顔になる
なにげなく タンスに たてかけた ギターを
あたしは ふと見つめて 思わず思わず 目をそむける
あの頃の おまえのギターは いつでも
こんなに 磨いては なかったよね

あんまり ゆっくりも してはいられないんだ
今度 また来るからと おまえの目を見ずに言うと
そうか いつでも 来てくれよと
そのとき おまえは 昔の顔だった

コートの衿を立てて あたしは仕事場へ向かう
指先も 衿もとも 冷たい
今夜は どんなに メイジャーの歌を弾いても
しめっぽい 音を ギターは 出すだろう

中島みゆきについて

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビューし、同年「時代」で、ヤマハポピュラーソングコンテストと世界歌謡祭グランプリ受賞。以後、「わかれうた」「悪女」などが大ヒット。現在までにオリジナル・アルバム32作品をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。2002年NHK紅白歌合戦初出場。2003年にはNHK「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」が、オリコンシングルチャートTOP100で148週チャートインの日本記録を達成。
中島みゆきの人気歌詞

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なに ...

時代

今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて ...

ファイト!

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんの ...

空と君のあいだに

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...

二隻の舟

時は 全てを連れてゆくものらしい なの ...

銀の龍の背に乗って

あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷 ...

タクシードライバー

やけっぱち騒ぎは のどがかれるよね 心 ...

命の別名

知らない言葉を覚えるたびに 僕らは大人 ...

麦の唄

1. なつかしい人々 なつかしい風景 ...

ホームにて

ふるさとへ 向かう最終に 乗れる人は ...

宙船(そらふね)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆ ...

世情

世の中はいつも 変わっているから 頑固 ...

Tell Me,Sister

自分が嫌いだった 何もかも嫌だった 嫌 ...

あの娘

やさしい名前をつけたこは 愛されやすい ...

化粧

化粧なんてどうでもいいと思ってきたけれど ...

永遠の嘘をついてくれ

ニューヨークは粉雪の中らしい 成田から ...

あたいの夏休み

短パンを穿いた付け焼刃レディたちが 腕 ...

ひとり上手

私の帰る家は あなたの声のする街角 ...

帰省

遠い国の客には笑われるけれど 押し合わ ...