evesta歌詞検索

尼崎の夜空を見上げて(槇原敬之)の歌詞ページです。

尼崎の夜空を見上げて 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

※少し口が悪くても 誰かの事を思う人の
言葉は本当に優しくて
思い出すたび笑顔になる
洗面器カタコト おばさんサンダル履いて
見上げた尼崎の夜空を
僕はたまに思い出す※

「背中に絵が描いてるよ?」
子供だった僕は言った
湯気の向こうで従兄弟が
固まってたっけな
「傑作やなぁ」とおっちゃんは
とがめずに笑ってくれた
年寄りも子供もどんな人も
同じ風呂につかって

ちょうど買って帰るときの
手の中のたこ焼きみたい
思い出は今も僕の胸で
ほんのりしめって暖かい

(※くり返し)

高速道路をトラックが
走り過ぎて行く音が
怪獣が寂しそうに泣いてる
声みたいで不安になった
明かりのひもを二回だけ
引っぱって眠りにつく
胸の灯火とでも言うように
消さない豆電球

夜中に目が覚めた時に
オレンジに浮かぶみんなの寝顔を
見てるだけで嬉しくなって
安心してまた目を閉じた

少し口が悪くても 誰かの事を思う人の
言葉はあまりに優しくて
素直になってしまう
洗面器カタコト おばさんサンダル履いて
見上げた尼崎の夜空を
僕はたまに思い出す

今日僕はどれだけ心と
同じ言葉をかけただろう
今日僕はどれだけ誰かの事
気にかけながら生きただろう

少し口が悪くても 誰かの事を思う気持ちが
僕の言葉になるように
この街でがんばろう
少し口が悪くても 誰かが誰かを思う
言葉が聞こえればきっと
同じ夜空になるだろう

尼崎の夜空を見上げてについて

「尼崎の夜空を見上げて」は、槇原敬之が2006年2月22日にリリースしたアルバム「LIFE IN DOWNTOWN」に収録されています。関西テレビ系「さんまのまんま」のテーマソングに起用されています。

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...