evesta歌詞検索

店じまい(槇原敬之)の歌詞ページです。

店じまい 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

撃ち合う兵士の流れ弾に
息子と同じくらいの
子供が倒れていくのを
たった今ニュースで見た
その兵士が持っていた
銃に見覚えがあった
それが自分の作ったものと
気づいて血の気が引いた

サッカーの話の途中で
眠ってしまった天使に
触れようとした手を引いた
悪魔の手のように見えて

震えてとまらない両手を
じっと見つめる
誰かの命奪うために
この手はあるんじゃない
やっとの思いで組んだ手を
額に当てて彼は祈る
「あぁ、神様どうか
彼を助けてください」

一人がやめたぐらいで
なくなるわけではないし
生きていくため仕方ないと
そういって今まで来た
銃を一つ作ればまた
銃口が向けられる者が増える
生きていくために仕方ないと
誰かの命を奪っていた

眠る息子の顔を見た
自分に今出来る事を
自分が今するべき事を
落ち着いてよく考えるんだ

まだ震える両手を
もう一度見つめる
誰かの命奪うために
この手はあるんじゃない
誰かを抱くため
誰かの幸せを祈るため そして
店をたたむために
この手はあると気付いた

そのときテレビはベッドで
包帯を巻かれたあの子を映す
誰かの命が救われることで
自分の命が救われる

まだ震える両手を
もう一度見つめる
誰かの命奪うために
この手はあるんじゃない
誰かを抱くため誰かの幸せを
祈るためにこの手はあると
忘れずに生きていくために
「あぁ、神様
私は店をたたみます」

店じまいについて

「店じまい」は、槇原敬之が2006年2月22日にリリースしたアルバム「LIFE IN DOWNTOWN」に収録されています。

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...