evesta歌詞検索

勇気の花(長渕剛)の歌詞ページです。

勇気の花 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

嘘っ臭え理不尽ごたくたれっぱなしの人の世で
ちぎれた絆を喰いちらかした青春たちよ
けたたましいほどの真っ赤な情熱をなぜ沈めるのか
知ったかぶりのしょっぱい平和ごっこのなれの果てに

滝のように吹き出る塩っからい汗ならふかない方がいい
真っすぐな恥ならさらしっぱなしで老いぼれ生きてやれ
本当の事などひとつも無かったから
しおれ くち果て 腐り 力つきても 明日を信じた

でっかい勇気の花は君の過去の栄光なのか
たとえすっぱい雨風に打たれても咲かせてきたのに
うざったい世間の裏と表のど真ん中
花びらの色は白か黒かのどっちかだ

でっかい勇気の花 もう一度咲かせてやれ
でっかい勇気の花 今こそ咲かせてやれ
花びらの色は白か黒かのどっちかだ
花びらの色は白か黒かのどっちかだ

嘘っ臭え「右向け右!」の力なき正義ならば
ひび割れた絆に俺は噛みかけのガムをなすりつけた
真実が欲しくて牙を剥き戦ったけど
打ち負かされた悔しさを互いに背中で泣き明かした

君はそんな絆を誰よりも大切にした
いがみ合う者たちがいたら真っ先に飛びこんでゆき
死にゆく者がいたらなりふりかまわず大声で叫び
しあわせをひろった友に会えば腹から喜んだ

でっかい勇気の花は君の過去の栄光なのか
たとえすっぱい雨風に打たれても咲かせてきたのに
うざったい世間の裏と表のど真ん中
花びらの色は白か黒かのどっちかだ

でっかい勇気の花 もう一度咲かせてやれ
でっかい勇気の花 今こそ咲かせてやれ
花びらの色は白か黒かのどっちかだ
花びらの色は白か黒かのどっちかだ

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...