evesta歌詞検索

Blooming Days(白井貴子)の歌詞ページです。

Blooming Days 歌詞

歌:白井貴子

作詞:白井貴子

作曲:白井貴子


1人きりで会いに行くわ
あの日のように 花咲く場所へと

夕暮れ 丘の上
二人は 見つめ合ったよ
もう二度と離れはしないと

せいいっぱい 愛した空に
ラベンダーが今年も咲いてる

愛しい香りに
ここまで来たその訳を伝えるよに
そっと手を振ったよ

思い出になる 思い出すほど
鮮やかな日々 私をもう苦しめないで
忘れてしまう 忘れてしまえ
乗り越えるたび 大人になるから

引きとめないでBlooming Days

ガイドブック開いたって
何処まで行けるの 私一人で

あなたがいなけりゃ
こんなに何もかもが
たよりなく思えてしまうなんて

なんでもできる なんでもやるわ
あなた一人や二人いなかったとしても
若すぎたから 若すぎるなら
心の傷も浅く 淡く

お願いだからBlooming Days

広がる空 流れる雲はあの日のまま
永遠の輝きは いつもここにあるのに

思い出になる 思い出すほど
疑いもせず 春だけを夢見た
忘れてしまう 忘れてしまえ
時の流れが助けてくれるわ

思い出になる 思い出すほど
紫の花 瞳咲きみだれ
夢で逢いましょ 夢だったから
花散るように静かに消えて

お願いだからBlooming Days
引きとめないでBlooming Days
白井貴子の人気歌詞
Chance!

さよならしたくない このかがやきと ま ...

空を見上げて

ひとつ愛を失うたび 目に映る全て ...

名前のない愛でもいい

何度も 歩いた道に 白い花が咲いてた ...