evesta歌詞検索

はるまついぶき(Bank Band)の歌詞ページです。

はるまついぶき 歌詞

歌:Bank Band

作詞:櫻井和寿

作曲:小林武史

目を閉じたまま 眺めている景色 あなたはそこにいて
口をつぐんで 投げかけた言葉 笑って聞いてる

心に佇んでる寂しさ
それすら確かな愛の姿と
自分にそう言い聞かせながら
想いを守っている

降り積もる雪に覆われた
春待つ息吹のように
かすかでも光に向かう強さを抱きしめたい

時の流れが
「生きてる意味」に目隠しする理由(わけ)は
プラネタリウムとおんなじ。
暗闇がくれる光を知るため

心に形なんかない 逆を言えば自由自在に姿を変えていけんだ
暗い海の底に沈んだ日でも 青空を飛んでいる

強い風にタンポポの綿毛が未来へと運ばれてく
向かい風だろうと翼にして
ねぇ 僕らも羽ばたけるかな?

「鬼が笑う」なら それもいい
いつか僕らも一緒に笑えばいい
あきれるくらい未来の話をしよう
このまま

降り積もる雪に覆われた
春待つ息吹のように
かすかでも光に向かう強さを抱きしめ
いつの日にか 向かい風だろうと翼にして
きっと 僕らも羽ばたけるはず
暖かな春の空に・・・

Bank Bandについて

2006年7月に1stシングル『to U』をリリース。 2007年3月に開催された「AP BANG! 東京環境会議 vol.1」では、新たにBank Band Trinityが結成された。9月には、「to U」以来となるオリジナルソング「はるまついぶき」をダウンロード販売(音楽配信、着うた)のみでリリース。作詞は櫻井和寿、作曲は小林武史。収益の一部は新潟県中越沖地震の義援金として寄付される。 2008年1月16日に2ndアルバム『沿志奏逢2』をリリース。
Bank Bandの人気歌詞
歌うたいのバラッド

嗚呼 唄うことは難しいことじゃない た ...

to U

○池の水が鏡みたいに空の蒼の色を真似てる ...

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なに ...

こだま、ことだま

carry-on carry-out ...

ハートビート

生き急ぐぼくらのこと 失くしたくないこ ...

Reborn

昨日より今日が 素晴らしい日なんて ...

evergreen

水まきしてた 季節が過ぎて 風の香り  ...

明日のために靴を磨こう

心に雲がなびく日は 流れをずっと見つめ ...

奏逢 ~Bank Bandのテーマ~

五線紙の上に記された複雑な記号をなぞる ...

昨日のNo, 明日のYes

ほっとくといつも君は全てを一人で背負うよ ...

よくきたね

よく来たね 大変だったんじゃない? 遠 ...

Drifter

交わしたはずのない約束に縛られ 破り棄 ...

有心論

今まで僕がついた嘘と 今まで僕が言ったホ ...

休みの日

休みの日が終わる 最後の夜は明日が ...

若者のすべて

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビ ...

緑の街

忘れられない人がいる どうしても会いたく ...

遠い叫び

何の罪も無いはずなのに 何らかの罰を受 ...

僕たちの将来

あたしたち多分 大丈夫よね フォークに ...

イロトリドリノセカイ

アイニ ツマヅイテ ダイタ 振り返る町 ...