evesta歌詞検索

裸足の季節(MISIA)の歌詞ページです。

裸足の季節 歌詞

歌:MISIA

作詞:MISIA

作曲:JUN SASAKI

裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 口づけを交わしましょう

誰もいない海へ 私を連れて行って
このまま眠らず 夜明け前に ここを出るの

新しい風を受けて 朝日を浴びたなら きっと
生まれ変わってく そんな時間を知るでしょう 一緒に行こう ねえ

素顔のままで 笑い合う そんな時が愛しいから

裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 口づけを交わしましょう
裸足のままで 駆け出したなら ねえ
夕陽沈むまで 果てしない夢を語ろう

ここから 海に行くなら 1時間半くらいかかる
少し遠いけど あなたとなら 嬉しいわ

私が右に曲がって あなたが左に行っても
また同じ道に戻れる そんな気がする どんな時でも

探し続ける宝物 それがきっと同じで

裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 果てしない夢を見て
素直なままで 笑い合えたなら ねえ
星空の下で 口づけを交わしましょう

瞳の中 映る景色が 起こる全てが
この夏を思い出す その時 道しるべに なるよ きっと

裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 果てしない夢を見て
素直なままで 笑い合えたなら ねえ
星空の下で 口づけを交わしましょう

MISIAについて

幼少時代は長崎県の対馬で過ごし、教会でゴスペルに触れ、黒人のヴォイストレーナーに師事した。西南学院大学商学部中退。 1998年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。先行発売したアナログ盤5000枚は即完売し、間もなくアナログ市場で高値で取引された。デビューアルバム『Mother Father Sister Brother』は300万枚近い売り上げを記録。2000年には、フジテレビ系テレビドラマ『やまとなでしこ』主題歌の「Everything」が出荷ベースで200万枚を突破した。 2002年にレコード会社をアリスタジャパン(BMGファンハウス傘下)から所属事務所が設立したRhythmedia Tribe(エイベックス傘下)に移籍。2004年、女性ソロ・アーティストとしての初の5大ドームツアー完全制覇を達成。 2005年3月31日、愛・地球博にアメリカの歌手エリカ・バドゥと出演。同年、ほっとけない 世界のまずしさキャンペーンに参加。2007年にはレコード会社をBMG JAPANに復帰する事が発表された。 5オクターブの音域を持つ。デビュー当時からテレビにはほとんど出演しないが、CS放送には出演したことがある。近年はラジオ番組の出演が多い。 「On the street where you live(君住む街で)」がテーマソングのアサヒ飲料「バヤリースオレンジ」のCMには、遠くからではあるが、熱気球に乗ったMISIAが3秒ほど映っていた。 メロンパンが大好物で、メロンパンダというメロンパンとパンダを組み合わせたキャラクターをデザインしたことがある。また、メロンパンダのテーマ曲「甘い恋人」も発表した。
MISIAの人気歌詞
逢いたくていま

初めて出会った日のこと 覚えてますか ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

EVERYTHING

すれ違う時の中であなたとめぐり逢えた ...

明日へ

まぶたを閉じても なお そこに見える景色 ...

オルフェンズの涙

オルフェンズ 涙 愛は悲しみを背負い 強 ...

幸せをフォーエバー

今日の この佳き日 迎えられたことを 嬉 ...

キスして抱きしめて

※キスして 抱きしめて"愛してる"って言 ...

眠れぬ夜は君のせい

静かに夜の帳が 2人を包んで さまよう ...

僕はペガサス 君はポラリス

君を見つめてると なぜか 優しい気持ちに ...

BELIEVE

I believe 変わりゆくあなたで ...

あなたにスマイル:)

あなたに Smile 心に Smile  ...

AMAZING LIFE

もしも翼が 僕らにあれば 旅をして 世 ...

名前のない空を見上げて

もしも晴れたら 君と手をつなごう 風が ...

つつみ込むように…

雨上がりの道を カサさして歩いた 水鏡 ...

It's just love

何気ない一言に傷つき気がついた 笑顔で ...

君のこぼしたその種は すぐに芽を出さな ...

One day,One life

One day, One life 人は ...

そばにいて...

いくつも光り 重ねてみて 終わりの来な ...

恋する季節

ああ・・ 耳を澄ませば 聞こえて来る ...

桜ひとひら

花びら ひとひら 思い出を運ぶ 風が頬を ...