evesta歌詞検索

太陽のマライカ(MISIA)の歌詞ページです。

太陽のマライカ 歌詞

歌:MISIA

作詞:MISIA

作曲:MISIA

トタン屋根連なる その上に広がる
あの空を越える あなたに会うため
太陽の子 マライカ 瞳の奥に 光を映し

そう あなたに 出会えて気づいた事
この両手は 誰かを抱くためにある

Endless love Endless world
Endless love Endless world
また会いたいから この空をきっと超える

誰にも言わないで 誰にも知らせられず
誰にも分からない 痛み抱えて
それでも強く 輝いていた あなたの笑顔

そう 出会えて初めて気づいた事
この瞳は 誰かを見つめるためにある

Endless love Endless world
Endless love Endless world
泣かないで マライカ 太陽が愛する人よ

このくちびるは あなたと歌うためにある

Endless love Endless world
Endless love Endless world
また会いたいから この空を越える マライカあなたのもとへ
Endless love Endless world
Endless love Endless world
So I say I love you この歌が 今 終わっても

MISIAについて

幼少時代は長崎県の対馬で過ごし、教会でゴスペルに触れ、黒人のヴォイストレーナーに師事した。西南学院大学商学部中退。 1998年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。先行発売したアナログ盤5000枚は即完売し、間もなくアナログ市場で高値で取引された。デビューアルバム『Mother Father Sister Brother』は300万枚近い売り上げを記録。2000年には、フジテレビ系テレビドラマ『やまとなでしこ』主題歌の「Everything」が出荷ベースで200万枚を突破した。 2002年にレコード会社をアリスタジャパン(BMGファンハウス傘下)から所属事務所が設立したRhythmedia Tribe(エイベックス傘下)に移籍。2004年、女性ソロ・アーティストとしての初の5大ドームツアー完全制覇を達成。 2005年3月31日、愛・地球博にアメリカの歌手エリカ・バドゥと出演。同年、ほっとけない 世界のまずしさキャンペーンに参加。2007年にはレコード会社をBMG JAPANに復帰する事が発表された。 5オクターブの音域を持つ。デビュー当時からテレビにはほとんど出演しないが、CS放送には出演したことがある。近年はラジオ番組の出演が多い。 「On the street where you live(君住む街で)」がテーマソングのアサヒ飲料「バヤリースオレンジ」のCMには、遠くからではあるが、熱気球に乗ったMISIAが3秒ほど映っていた。 メロンパンが大好物で、メロンパンダというメロンパンとパンダを組み合わせたキャラクターをデザインしたことがある。また、メロンパンダのテーマ曲「甘い恋人」も発表した。
MISIAの人気歌詞
逢いたくていま

初めて出会った日のこと 覚えてますか ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

EVERYTHING

すれ違う時の中であなたとめぐり逢えた ...

明日へ

まぶたを閉じても なお そこに見える景色 ...

オルフェンズの涙

オルフェンズ 涙 愛は悲しみを背負い 強 ...

幸せをフォーエバー

今日の この佳き日 迎えられたことを 嬉 ...

キスして抱きしめて

※キスして 抱きしめて"愛してる"って言 ...

眠れぬ夜は君のせい

静かに夜の帳が 2人を包んで さまよう ...

僕はペガサス 君はポラリス

君を見つめてると なぜか 優しい気持ちに ...

BELIEVE

I believe 変わりゆくあなたで ...

あなたにスマイル:)

あなたに Smile 心に Smile  ...

AMAZING LIFE

もしも翼が 僕らにあれば 旅をして 世 ...

名前のない空を見上げて

もしも晴れたら 君と手をつなごう 風が ...

つつみ込むように…

雨上がりの道を カサさして歩いた 水鏡 ...

It's just love

何気ない一言に傷つき気がついた 笑顔で ...

君のこぼしたその種は すぐに芽を出さな ...

One day,One life

One day, One life 人は ...

そばにいて...

いくつも光り 重ねてみて 終わりの来な ...

恋する季節

ああ・・ 耳を澄ませば 聞こえて来る ...

桜ひとひら

花びら ひとひら 思い出を運ぶ 風が頬を ...