evesta歌詞検索

Love was sleeping.(槇原敬之)の歌詞ページです。

Love was sleeping. 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

濡れても平気だと思う僕に
傘を差し出してくれた人
そのうれしさに気がつけなかった
あの頃の僕が君を失った
「ありがとう」と会釈をしたら
その人は笑ってくれた
そばにいてくれた事に僕は
何も言えずにいてごめんよ

自分が必要と気がつかないだけで
必要なものはたくさんある
そんな大事な事に気づくときはいつも
決まって愛が悲しみに変わるときだ

僕の心がいつだってぬれずにいれたのは
君の心がさりげなくさしてくれた
傘の中にいたからだろう

仕事が終わらない僕の邪魔を
しないくらいのそばまできて
いつも待ってくれていた
待ちくたびれていねむりしていた
時々君は窓辺の日向で
僕に背を向けて座っていた
そっと近づいて抱きしめると
首だけ上げて僕を見て笑った

自分が必要と気がつかないだけで
必要なものはたくさんある
そんな大事な事に気づくときはいつも
決まって愛が悲しみに変わるときだ

もう少しだけ早く僕が気づけていたのなら
今この時もかわらずに君は僕の
そばでいねむりをしていたのだろう

傘の先についた雨粒が
その中に映った景色に
こらえきれずに落ちてゆくよ
全ては儚いと教えるそのために

もう少しだけ早く僕が気づけていたのなら
今この時もかわらずに君は僕の
そばでいねむりをしていたのだろう

いつも僕のそばで
眠っていたのは愛だった

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...