evesta歌詞検索

Circle of Rainbow(槇原敬之)の歌詞ページです。

Circle of Rainbow 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

流れ落ちるビクトリアの滝
舞い上がる水煙に
太陽が描く巨大な
丸い虹がテレビに映る
いつかこの目で見たいと
旅に想いをはせかけて
横にいる犬に気づきしばらくは
お預けだったと思い出す

心なしか申し訳なさそうな
顔をしている様に見える
気にするなよ 冬の朝も明ける
そろそろ 散歩に出かけよう

歩道に差し込む朝陽が眩しくて
クシャミをした犬の鼻先に
小さな丸い虹が
一瞬だけかかったんだ
大切なものを探すために
人が旅をするのならば
僕にとってこの散歩道も
立派な旅だと気付くように
神様が君の鼻先に
小さな奇跡を起こしてくれたんだろう

スケールが大きいか小さいか
値段が高いか安いか
流行っているかいないかで
価値を決めていた僕だった

どこか遠くに行かなくても
きれいなものや美しいものは
この街中に きっと溢れている
小さな丸い虹を見つけたように

歩道に差し込む朝陽が眩しくて
クシャミをした犬の鼻先に
小さな丸い虹が
一瞬だけかかったんだ
もう一度クシャミをしないかと
待ってみたけど もうしなかった
僕らの意のままにいかないのも
自然の法則と笑いながら
だからこそ僕は余計に
特別な意味を感じてしまう

さぁ 宝探しの散歩へ
そろそろ出発しよう
一緒に霜柱をさくさく
踏みならしながら

犬の鼻の上に現れた
丸い小さな虹も
世界の割れ目に落ちる滝の
巨大な丸い虹も
同じように美しいと気付いたら
見慣れたいつもの散歩道が
本当に不思議だけど
きらきらと輝いて見える
神様 僕らのために
素敵な奇跡をありがとう

僕らの為だけに朝陽が
輝いたんだと思えた

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...