evesta歌詞検索

赤いマフラー(槇原敬之)の歌詞ページです。

赤いマフラー 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

銀座四丁目交差点に 今年初めての雪が
季節外れの花びらのように 舞い落ちてきた
君は覚えているだろうか 一緒に歩こうと約束した
クリスマスがこの街に 今年もやってきたよ
足を踏まないようになるのは もっと年をとってからでもいい

渡せないまましまっておいた プレゼントのリボンを解いた
君に似合う色を選んだから 僕にはだいぶ派手だけれど

赤いマフラーを巻いて 歩く僕がガラスに映る
渡せなかったプレゼントを 自分で使うサンタみたいだ
空から僕の手のひらに一つ雪が 落ちるほどの確率で
二人が出会えたんだと どうしてあの時の
僕は気付けなかったんだろう

君が大事にしていた オーナメントをうっかり
割ってしまったあの時のことを思い出す

それがガラスで出来ていると 思いもしなかった自分が
誰かの大事なものをいくつ こわして来たのだろう

雪はまだ降り止みそうもない 僕が今ただ願うのは
今君が寂しい思いなどなく 幸せでいてほしいただそれだけ

赤いマフラーを巻いて 僕は街を一人歩いた
渡せなかったプレゼントだけど 君がいた証に思えるから
ずっとそばにいると思うと どうして人はいつでも
その人への思いを全部 後回しにしてしまうのだろう

リボンなど掛けなくても 特別な時じゃなくても
君に言えばよかった 「ありがとう」と
同じ数だけ雪が降るようだ

赤いマフラーを巻いて 僕は街を一人歩いた
渡せなかったマフラーは 結局僕を暖めているよ
例え自分が寒くても 寒そうな誰かに気付いたら
自分のマフラー外し やさしく巻いてあげるような君だった

もし今君が現れたら
このマフラーを 君にそっと巻いてあげたい

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...