evesta歌詞検索

君住む街角 (ON THE STREET WHERE YOU LIVE)(竹内まりや)の歌詞ページです。

君住む街角 (ON THE STREET WHERE YOU LIVE) 歌詞

歌:竹内まりや

作詞:ALAN JAY LERNER

作曲:FREDERICK LOEWE

I have often walked down this street before
But the pavement always stayed beneath my feet before
All at once am I several stories high
Knowing I'm on the street where you live

Are there lilac trees in the heart of town?
Can you hear a lark in any other part of town?
Does enchantment pour out of every door?
No, it's just on the street where you live

And oh, the towering feeling just to know somehow you are near
The overpowering feeling that any second you may suddenly appear
People stop and stare, they don't bother me
For there's nowhere else on earth that I would rather be
Let the time go by, I won't care if I
Can be here on the street where you live

And oh, the towering feeling just to know somehow you are near
The overpowering feeling that any second you may suddenly appear
People stop and stare, they don't bother me
For there's nowhere else on earth that I would rather be
Let the time go by, I won't care if I
Can be here on the street where you live
Can be here on the street where you live

(訳文)
何度となく歩いたことのある この通り
いつも舗道に 足がぴたりとついてたはずなのに
いきなり 私は天にも昇るような気持ちになったの
ここが あなたの住んでいる通りだと知って

ライラックの花が香るのは 街の真ん中あたり?
ヒバリのさえずりが聞こえるのは 街のほかのどこ?
どの家の扉からも 歓びはあふれ出してくるの?
いいえそれはあなたの住んでいるこの通りだけ

ああ、あなたが近くにいると思うだけで どきどきするわ
ふいに現れるような気がして 強くときめいてしまうこの心
道行く人は立ち止まって私を見つめるけれど 気にしないわ
だって 世界中のどんな場所よりも 私はここにいたいから
あなたの住むこの通りに いつまでもずっとこうしていたいの

竹内まりやについて

1978年、シングル『戻っておいで・私の時間』、アルバム『BEGINNING』でデビュー。1979年のシングル『SEPTEMBER』、1980年のシングル『不思議なピーチパイ』などが大ヒットし、人気シンガーに。1982年4月に山下達郎と結婚。その後も、「駅」「純愛ラプソディー」などリリースする曲が続々ヒット。1994年のアルバム「インプレッションズ」は380万枚の大ヒットとなった。
竹内まりやの人気歌詞
元気を出して

涙など見せない 強気なあなたを そんな ...

いのちの歌

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたび ...

人生の扉

春がまた来るたび ひとつ年を重ね 目に ...

プラスティック・ラブ

突然のキスや熱いまなざしで 恋のプログ ...

カムフラージュ

友達以上の気持ち 胸に閉じ込めてきたけれ ...

夢の続き

BabyBabydon't look s ...

告白

Why? 寝つかれぬ夜 鳴り響く電話のベ ...

もう一度

夜毎 つのる想いに 胸を熱くした日々 ...

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で ...

幸せのものさし

Count what you have ...

September

からし色のシャツ追いながら 飛び乗った ...

今を生きよう(Seize the Day)

とかくこの世は行き辛くて ままならぬこと ...

家に帰ろう ~マイ・スイート・ホーム~

恋するには遅すぎると 言われる私でも ...

マンハッタン・キス

Don't disturb 閉ざされた ...

OH NO, OH YES!

ひとつひとつ消えてゆく オフィス街の窓 ...

すてきなホリディ

近づいている 冬の足音 耳を澄ませば ...

不思議なピーチパイ

思いがけない Good timing ...

純愛ラプソディ

明るいだけが取り柄でも 私だって命がけ ...

ミラクル・ラブ

こんな近くにいたのにどうして 気づかな ...

夏のモンタージュ

誰にでもひとつぐらいは 忘れられない夏が ...