evesta歌詞検索

夏・コイ(いきものがかり)の歌詞ページです。

夏・コイ 歌詞

歌:いきものがかり

作詞:山下穂尊

作曲:山下穂尊

丸く見開いた目と決して沈まない太陽
僕の行く先を想像してみる
遠のく雨の憂いをもう薫る夏の匂いに
託して僕は夏に包まれてく

朝もやを駆け抜けて来た道は
遠く遥か続くそれは海の様に何もかもを飲み込む
目もくらむ程の太陽は僕らを
容赦なく照らし続け やがて褐色の肌になる

触れる指を解くのはまだ早いみたい
ぎこちなさの残る会話をしたりして
ふいに気付き夕日を見て君は何を思う
波のざわめき 風のささやき
火照った頬に染み込む

丸く見開いた目と決して沈まない太陽
僕の行く先を想像してみる
遠のく雨の憂いをもう薫る夏の匂いに
託して僕は夏に包まれてく

長く伸びるその影に静かにキスして
やがて次第に訪れるだろう満天の 星空を待つ
夕凪は時として胸を打つ鼓動や微かな呼吸でさえ
この耳に届かせる

簡単な言葉にだって躊躇いながらの声
確信に迫る言葉とは触れないし
もどかしさに押し黙って僕は何を思う
過ぎたあの夏 これからの夏
二人を照らす月明かり

いったい僕らの未来はどんくらいのスパンでもって
絡んでんだ?なんて 想像してみる
この夏に生まれる恋が永遠の時間となって
二人の内に色を添えれたらいい

少し冷たい水をすくいました
泪に似た味に気付く僕は 蘇る記憶にだって何の抵抗も抱かない
季節は廻る 季節は廻る 同じ砂の上

軽く流しちゃった声もいつだって聞いていたいよ
素直な想いが脳裏をよぎる
ありふれる恋の原形も形を変えてくように
二人の恋は夏に包まれてく

小さな恋よ いつしか花になれ

夏・コイについて

「夏・コイ」は、いきものがかりが2007年3月7日にリリースしたメジャー1枚目のアルバム「桜咲く街物語」に収録されています。

いきものがかりについて

1999年  2月、高校の同級生だった水野良樹と山下穂尊によって結成。 ユニット名は水野・山下が小学校1年生の時、一緒に「生き物係」をしていたことに由来する。 同年12月には同級生の妹、吉岡聖恵が加入。 2006年  3月15日、エピックレコードジャパンよりメジャーデビュー。 《メンバー》 ・吉岡聖恵(YOSHIOKA KIYOE)  パート:Vocal  生年月日:1984.2.29/血液型:A型 ・水野良樹(MIZUNO YOSHIKI)  パート:Guitar&Vocal  生年月日:1982.12.17/血液型:A型 ・山下穂尊(YAMASHITA HOTAKA)  パート:Guitar&Harmonica  生年月日:1982.8.27/血液型:O型
いきものがかりの人気歌詞
ありがとう

“ありがとう”って伝えたくて あなたを見 ...

YELL

「“わたしは”今 どこに在るの」と  ...

笑顔

だから僕は笑ってほしいんだ だから君と生 ...

ブルーバード

飛翔(はばた)いたら 戻らないと言って ...

帰りたくなったよ

心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑っ ...

SAKURA

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れ ...

熱情のスペクトラム

鳴りやまぬ 愛をさけぶよ すべてを抱いて ...

コイスルオトメ

つのる思いを打ち明けた 大きくうなづいて ...

気まぐれロマンティック

ロマンティック 恋のアンテナは 嵐で何処 ...

生きる

もうすぐ 春だね さくらは 咲くかな ...

じょいふる

キミノコエヲキカセテ サア ボウケンシテ ...

HANABI

煌いて 揺らめいて 蒼き夢 舞い放つ ...

ラストシーン

涙がとまらないよ 君に会いたくなる 春 ...

心の花を咲かせよう

僕等が駆け抜けた時期(とき) 明日へと向 ...

さよなら青春

悲しみを抱きしめて それでも冬を越えて ...

キミがいる

Ah 夢に見てた こがれていた キミがい ...

いつだって僕らは

輝いたその日々の中で僕らは何を見つけたん ...

風が吹いている

時代はいま 変わっていく 僕たちには願い ...

message

「最近、倦怠期?」って聞かれて 仏頂面し ...

あなた

あなたと ただあなたと 言葉をつないで ...