evesta歌詞検索

鰻谷(八代亜紀)の歌詞ページです。

鰻谷 歌詞

歌:八代亜紀

作詞:河島英五

作曲:河島英五

あんたはあほや 夢ばっかり見てほんまにあほや
人の話も聞かんと わがまま言うばかり
あんたはあほや さみしがり屋で女好きで
どうせ私はあんたの ただの気まぐれや
そうや分かってるんや 分かってるんやけど
どうにもならへんねん
鰻谷から難波まで あんたのこと考えて歩いた
通りすがりに声かけられた あんたなんかもう知らん

あんたはあほや 子供なんやからほんまにあほや
夢が叶いそうになると 壊してしまうんや
あんたはあほや 涙もろくて気が優しくて
今夜(きょう)もどこかの片隅で 酔いつぶれてるんでしょう
でもね一途なとこが いいとこなんや
しょうがない人やけど
鰻谷から難波まで 人の流れに逆らって歩いた
こんなにたくさんの男(ひと)がいるのに なんであんたなんやろね

やっぱりあんたはあんたらしく そのままで生きたらいいわ
そんなあんたをお月さんみたいに 遠くでそっと見ていてあげよう
鰻谷から難波まで… 鰻谷から難波まで…
あんたなんかもう知らん

八代亜紀について

昭和46年9月テイチクより「愛は死んでも」でデビュー。翌年、NTV「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きチャンピオンとなったのをきっかけにメジャー化。「舟唄」、「雨の慕情」等のヒット曲で有名。女優として映画・舞台でも活躍。また、絵画の腕前も一流で自身の個展を多数開催。
八代亜紀の人気歌詞
舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えて ...

なみだ恋

夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 ...

愛の終着駅

寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあ ...

おんな港町

おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが ...

もう一度逢いたい

あんな男と 言いながら 今日も来ました ...

別れても好きな人

別れた人に会った 別れた渋谷で会った ...

ともしび

あなたの命の ともしびが もうすぐ消え ...

日本海

雨降りだらけの映画のように すべてがぼ ...

貴方につくします

雨に打たれて 消えるなら 過去の私を ...

海猫

あんたによく似た 広い背中の 男があた ...

夢は夜ひらく

赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは  ...

恋瀬川

あなたと私の さだめの川は 情通わす ...

明日に生きる愛の歌

人生は山があり 谷もあり デコボコ道が ...

花束(ブーケ)

※ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず ...

涙の最終列車

帰らないでと すがって泣けば あなたは ...

愛を信じたい

きっとあなたといつの日か めぐり逢う気 ...

愛の執念

おぼえていてよ ねえあなた わたしがも ...

さよなら故郷

雪が降る 雪が降る あのひとの 肩に降 ...