evesta歌詞検索

天の蛍(五木ひろし)の歌詞ページです。

天の蛍 歌詞

歌:五木ひろし

作詞:吉岡治

作曲:市川昭介

(セリフ)蛍が好きだから、
お店の名前を《ほたるの酒場》と付けたのと、
あの娘は云ってました。
宵闇が訪れると、雨の日も風の日も、
間口五尺の小店の軒さきに明りが灯る憂き世小路。
あの娘の店もそんな路地のなかばにあり…。
店閉いをしたのは年の瀬だったか、
冬ざれのつめたい雨が降りつづいてましたっけ。
あそこもご多聞に洩れず地上げにあって、
櫛の歯が欠けるような有ようは、
ご時世と申すもんでしょうか。
人の情が肩寄せ合うような、
マッチ箱の賑わいが、いまは懐かしい。
あの娘の名前は、しあわせの幸子。
故郷の北国へ帰っていったと云う。

新宿 涙のすてどころ
ひきずるコートに 演歌がからむ
無口同士が とまり木で
隣り合ったも 縁だから
捨てておゆきよ捨てておゆきよ
こころ傷

(セリフ)しあわせも薄いのに幸子だなんて…。
故郷へ帰ってまもなく、
あの娘は天の蛍になったそうです。
運命とは命を運ぶことですが、
宿命とは前世から定められた命の宿り。
あの娘の人生は短い命の宿りだったのです。
この憂き世小路の片隅に、
蛍の墓をつくってやりましょうか。
供養のとむらい花は、
散ることも枯れることもないネオンの花。
歌はさしずめ演歌でしょう。
都会のにごり水に蛍は住めないが、
闇にほのかな明りを求めて、
人は酒という水辺を今夜も漂うようです。
蛍が一つ…幸子の蛍でしょうか。
ネオンの空に、天の蛍が流れていった。

なになにくずれか 知らないが
からんでくれるな 不運はおなじ
どうせこの世は うたかたと
のんで騒いで 夜が更けりゃ
雨も泣くよな 雨も泣くよな
露地しぐれ

五木ひろしについて

1970年「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜き注目される。翌1971年「五木ひろし」と改名し「よこはま・たそがれ」が大ヒット。1973年「夜空」1984年「長良川艶歌」で2度の日本レコード大賞を受賞。一躍ミリオンセラー歌手となる。
五木ひろしの人気歌詞
遠き昭和の…

あの人 この人 あの顔 この顔 みんな ...

よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 ...

夜空

あの娘 どこに居るのやら 星空の続く ...

夜明けのブルース

このグラス飲みほせば帰ると 言えばお前が ...

千曲川

水の流れに 花びらを そっと浮かべて ...

ふるさと

祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 荒いざらし ...

細雪

泣いてあなたの 背中に投げた 憎みきれ ...

長良川艶歌

水にきらめく かがり火は 誰に想いを ...

契り

あなたは誰と契りますか 永遠の心を結び ...

そして…めぐり逢い

語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみ ...

暖簾

心にポツンと 寂しさの明りが灯る や ...

汽笛

粉雪舞い込む 北国の駅 襟を立てても ...

夏の三日は色っぽく

許しましょう 許しましょう 夏の三日は ...

居酒屋

(男)もしも きらいでなかったら ...

紫陽花

降りしきる 冷たい雨にぬれながら 色を ...

旅鴉

百里千里を 歩いても 歩くだけでは 能 ...

おまえとふたり

わたしは 不幸ぐせ とれない女と この ...

長崎から船に乗って

長崎から船に乗って 神戸に着いた ここ ...

人生かくれんぼ

惚れていたんだ おまえにだけは ぐちに ...

倖せさがして

あなたのために 生まれてきたのと おま ...