美しい十代 歌詞

歌:三田明

作詞:宮川哲夫

作曲:吉田正

白い野ばらを捧げる僕に
君の瞳があかるく笑う
いつもこころに二人の胸に
夢を飾ろうきれいな夢を
美しい十代、ああ十代
抱いて生きよう幸福の花

昨日習ったノートを君に
貸してあげようやさしい君に
つらい日もある泣きたいことも
あるさそれでも励ましあって
美しい十代、ああ十代
抱いて咲かそう幸福の花

遅くなるからさよならしよう
話し合ったらつきない二人
「明日またね」と手を振りあえば
丘の木立に夕陽が紅い
美しい十代、ああ十代
抱いて生きよう幸福の花

三田明について

"日本一の美少年"なるキャッチ・フレーズのもと弱冠16歳でデビュー。「美しい十代」(63年)が特大ヒットを記録し、一躍、御三家と並ぶ"青春歌謡"の旗手に。そして「みんな名もなく貧しいけれど」(63年)、「若い港」(64年)の連続ヒット、端正なルックスも相まって、アイドル的人気を不動のものとした。その後は芸の幅を広げるため、役者としてTVドラマやヴァラエティ番組に出演して歌から遠ざかっていたが、94年に歌手生活30周年アルバム『心の出発』と共に復活。95年には仲間たちとボランティア・グループ"絆の会"を結成し、阪神大震災チャリティ・コンサートを開くなど現在ではチャリティ活動にも意欲的に取り組んでいる。
三田明の人気歌詞
ごめんねチコちゃん

待ちくたびれて日暮れ路 知らんふりして ...

夕子の涙

小雨にけむる 宵でした 銀座は西の裏通 ...

若い港

呼んでるぜ 呼んでるぜ 七つの海が ...

薔薇の涙

雨がはげしく たたいていたね 別れ港に ...

気のいい男

まぶしそうな笑顔の 白髪交じり無精ひげ ...

こんな俺でよければ

こんな俺でよければ 話してごらんよ す ...

アイビー東京

(アイビー東京 アイビー東京 東京 若い ...

美しい恋人たち

だまっていたって 好きは好き 青い柳の ...

サロマ湖の空

空がすんで きれいだから なおさら悲し ...