evesta歌詞検索

港町ひとり(真木由布子)の歌詞ページです。

港町ひとり 歌詞

歌:真木由布子

作詞:石本美由起

作曲:西條キロク

行かないで 行かないで
引き止めて いたいのに 情ないね
背を向けて あなたの 船が出る港町
素肌を重ねて 温もりを
あげる 夢も
覚めて凍る 切なさよ

このままで このままで
ひと冬を 待つだけの 運命なら
眠れない 未練が
身を焦がす港町
淋しさお酒に まぎらわせて
いつか 逢える
恋に縋る 女です

まだ嫌やよ まだ嫌やよ
独りでは 死ぬよりも 悲しいの
愛し合う 恋など 叶わない港町
漁り火みたいな この命
燃やし 続け
好きなひとに 抱かれたい
真木由布子の人気歌詞
冬桜

肩寄せあっても 寒いのに わたしの相手 ...

別れのルンバ

微笑ってサヨナラ言いましょうね 悲しい ...

えにし川

情ほしさに 涙をしぼる しぼる涙が 又 ...

大阪マンボ

マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン ...

涙化粧

手鏡に涙 隠して 夜の化粧 口紅をさす ...

ほろ酔い酒

お前にゃ苦労の かけ通し いまさら な ...

なみだ雪

二人でいてさえ 寒いのに とても独りじ ...

あんた

指に気合いの 息ふきかけて 男 まさり ...