想い定めて 歌詞

歌:大川栄策

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

汲み上げればさらに 愛が溢れてくる
身に浴びて 身を染めて 尽きぬ悦び
言葉はいらず 微笑みでいい
幼な児だけの まなざしが飛ぶ 無限の空の果て
想い定めて 夢のかけ橋
想い定めて 夢のかけ橋

人の思惑など まして訝りなど
明日には 消えて行く 遠い陽炎
恋に溺れた 命と笑え
溺れなどせぬ この身体 今 煌めく波の上
想い定めて 夢の笹舟
想い定めて 夢の笹舟

無器用なこの手で 拵えたばかりの
花櫛を 黒髪に 踊る愛しさ
この眼酔わせて 素肌艶めく
いつか闇へと 旅立つ日にも 優しい腕の中
想い定めて 夢の盃
想い定めて 夢の盃 夢の盃
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

男春秋

ばちを持たせりゃ 玄海越えて やぐら太 ...

湯の町月夜

惚れているから 身をひきますと わずか ...

男一途

一つ頬っぺた 張られたら 俺は 二つに ...

博多ワルツ

一夜の博多で 見染めたあなた 淡い恋と ...

昭和放浪記

泣いて渡った 橋もある 酔って溺れた ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

昭和浪漫~~第二章~

風に追われるように街を歩いてる 痩(や ...

つれて行けない 別れのつらさ 駅灯(あ ...

北の慕情

にぎりつぶした 別れの手紙 北の涯てま ...

わかれ恋歌

別れた人が 逢いにきた そんな夢みて ...

木枯紋次郎

縞の合羽が 越え行く峠 後姿が きにか ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

おとこの酒よ(大川栄策ソロヴァージョン)

なんだかんだと いいながら よくぞ今日 ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

雨の永東橋

雨の永東橋は思い出ばかり 傘をさしだす ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

港雨

下駄で小走り 手を振る女 やがて港に ...