evesta歌詞検索

大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~(中村美律子)の歌詞ページです。

大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~ 歌詞

歌:中村美律子

作詞:もず唱平

作曲:聖川湧

人はこころや銭やない
泣いたらあかん 泣いたらあかん
別ぴん台なしや
飛田のお店に出るという
十日戎の前の晩
あんたがいうた 言葉を忘れへん
うちは今でも忘れ 忘れへん

(セリフ)「泣きながら通天閣見上げ
これでウチの人生終わりやと思った
けど死んだらあかん。精一杯生きてみよ
あんたの言葉きいてそう思ったんや」

何が不足や知らんけど
すねたらあかん すねたらあかん
男がすたります
無い無い尽くしで来たクセに
愚痴を肴に はしご酒
道頓堀の鴎に嘲われる
うちも厭です 嫌い嫌いです

(セリフ)「なァあんたヤケ酒呑んでも何にも変らへん。
この世で起こったこと この世で納まらん筈がない
山より大きい獅々は出えへん。気を大きい持ちいなァ-。」

夢を捨てたというのなら
ひろうて上げる ひろうてあげる
大事にあたためる花の十九と十五まで
共にどぶ板 踏んだ仲
焼けぼっくいに今こそ火をつけて
うちと一緒になれ なれへんか
うちと一緒になれ なれへんか

中村美律子について

1986年 「恋の肥後つばき」でデビュー。1989年 「河内おとこ節」が大ヒット。全国に名を知らしめる。代表作品 ・壺坂情話(1993)人生桜(1997)瞼の母(1991)などがある。
中村美律子の人気歌詞
瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

河内十人斬り

「なんかしとんねん はよ去にさらさんかい ...

壺坂情話

見えぬあなたの杖になり 越える苦労の人 ...

河内おとこ節

河内生まれの 風来坊は 生きのいゝのが ...

男が酒を飲むときは

惚れた女を くどくなら 心でくどけ 目 ...

逢酒春秋

ふたりにだけしか わからない 愛の日祝 ...

人生そこそこ七十点

空に日が照る 野に風が吹く 人の心に ...

鬼の背中

鬼の背中が 陽だまりの中 コクリ コク ...

情け川

生きるこの世が 川ならば 水に竿さす ...

ひとりごと

酒はおんなを 悲しくさせる 叱ってみて ...

おもいでの宿

揃いゆかたで 蛍観橋(ほたるみばし)で ...

段平いのち

あれがあいつが 情なしの 芝居の虫だと ...

だんじり

風を喰(く)らって 傾くような 屋台骨 ...

京都恋歌

好きになっては いけない人を 人目をさ ...

島田のブンブン

夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りご ...

みれん酒

惚れた女の 愚痴ひとつ 酒に語ろか し ...

恋の大和路~梅川・忠兵衛「冥飛脚」

生きてあなたと 添えるなら 流す涙も ...

瀬戸の港

瀬戸の港が しぐれる夜は 連絡船の汽笛 ...

かぼちゃの花

きれいな花には トゲがある かよわい花 ...

土佐女房

女荒波(あらなみ) 惚れたら一途 漁師 ...