残雪の駅 歌詞

歌:三船和子

作詞:三浦康照

作曲:遠藤実

肌を刺すよな 北風が
待合室の 小窓をたたく
遠い汽笛が 近づくたびに
あなたに縋る 私の未練
雪に埋れた あ 冬の駅

人目忍んだ 愛だけど
しあわせでした 短い月日
妻と云われる 女の夢を
あなたのために 悲しく捨てて
暮らす海辺の あ 雪の町

花の蕾が 残雪の
つめたい駅に 告げるの春を
思い出すのよ 別れた夜の
線路の果てに 夜汽車と消えた
あなた恋しい あ なみだ駅
三船和子の人気歌詞
だんな様

つらい時ほど 心のなかで 苦労みせずに ...

他人船

別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ...

女のさだめ

別れてしまえば 他人より 冷たくなるの ...

も一度呼ばせてだんな様

風に巻かれた 木(こ)の葉(は)のように ...

やっぱりあなた

この亭主ともう一度 生きてみようかな ...

夫婦

惚れてよかった あなたに惚れて 俺もよ ...

想い酒

お酒を飲むたび 浮かぶのは 愛して別れ ...

午前さま

まっすぐ帰って くるはずが 出れば出た ...

嫁いだ娘の幸せを

娘が嫁いで 行きました 思いこがれた ...

おんなの海峡

別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ...

命のきずな

離れない 離れない それが女なら 離さ ...

人生渡し舟

惚れて一生 あずけたいのち これが夫婦 ...

北時刻

汽車に乗り継ぐ 改札を 出たなら心を ...

ぬくもり酒場

灯りがともる 駅裏通り 暖簾(のれん) ...

来不彼雨

来ないあなたと 書いて読む おんな泣か ...

おかみさん

おかみさん おかみさん 物価高でも や ...

女の始発駅

凍りつきそな 指さきに かける涙の 白 ...

あなたが命

どこへ流れて 行くのでしょうか 先が見 ...

矢切の渡し

「つれて逃げてよ……」 「ついておいで ...