石狩川よ 歌詞

歌:北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

酒の代りに 川を呑み
飯の代りに 草をたべ
荒地をみどりの 大地に変えた
斧のひびきが 雄叫びが
いまもきこえる 石狩川よ

汗が答えを 出すとゆう
夢を信じて 耐え抜いた
馬鈴薯畑(ばれいしょばたけ)に 花咲く頃は
ここが故郷と 胸を張る
孫はどさん子 石狩平野

何も訊かずに ついてきた
母も女房も 強かった
男を支えて 女が燃えた
遠いあの日の 夫婦雲
映し流れる 石狩川よ

北島三郎について

流しの歌手をしながら船村徹氏に師事。 1962年「ブンガチャ節」でデビュー。同年「なみだ節」で日本レコード大賞新人賞受賞。 「兄弟仁義」「函館の女」「与作」「風雪ながれ旅」など次々とヒット。1991年「北の大地」で日本レコード大賞受賞。1999年函館市より函館市栄誉賞を授与される。
北島三郎の人気歌詞
与作

与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイ ...

詠人(うたびと)

季節めくれば 遠い道のりは 思い通りに ...

まつり

男は祭りを そうさ かついで 生きてき ...

函館の女

はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を ...

未来

憧れ頼りに 長い闇を潜れば 華と信じた ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい ...

北の漁場

いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲 ...

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけば よされよされ ...

加賀の女

君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯 ...

男道

どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はい ...

あじさい情話

心変わりは 憎くても 逢えばおまえが ...

ブンガチャ節

あの娘いい娘だ こっち向いておくれ キ ...

比叡の風

荒行千日 比叡の風を 受けて歩いた 山 ...

一という字は 男の心 真一文字で 一直 ...

夢人

(Na Na Na…) 花は咲き誇り ...

川の流れと人の世は 澱みもあれば渓流も ...

この世には 眼には見えない橋がある 親 ...

漁歌

俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供に ...

流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の ...