evesta歌詞検索

裏切りの街角(甲斐バンド)の歌詞ページです。

裏切りの街角 歌詞

歌:甲斐バンド

作詞:甲斐よしひろ

作曲:甲斐よしひろ

雨にけむる街並みを
息をきらして駆けつづけた
つきささる吐息をはいて
駅への道駆け続けた
わかってたよおいらじゃだめさ
でも二人生きてきたんだ
ときれた電話は生きてゆく
悲しさに泣く君の声
しとしとさみだれわだかまり
君さえいてくれたならば
走る車は泥にたたかれ
見上げた時街が泣いていた

とぎれとぎれに靴音が
駅の階段に響いてる
楽しく過ぎてゆく人ごみ
キップを握った君がいた
わかったよどこでも行けばいい
おいらをふりきって汽車の中
おもわず叩くガラス窓
君は震え顔をそむけた
しとしとさみだれ又ひとつ
ネオンが夜にとけてく
たよりない心傷つけて
裏切りの街角過ぎてきた

しとしとさみだれプラットホームを
今思い出がしみだす
発車のベル叫び声の中
あの人が見えなくなった

発車のベル叫び声の中
あの人が見えなくなった
あの人が見えなくなった
甲斐バンドの人気歌詞
安奈

安奈おまえの愛の灯はまだもえているかい ...

HERO ~ヒーローになる時、それは今~

※HEROになる時 (AH-AH-)それ ...

きんぽうげ

あなたに抱かれるのは 今夜かぎりね 淋 ...

BLUE LETTER

とある小さな海岸沿いの町 俺はお前と出 ...

シーズン

※シーズン 波打ち際ロマンスの波を浴び ...

そばかすの天使

あたしを捨てて行っちまった あんたの背中 ...

最後の夜汽車

スポットライトは どこかのスターのもの ...

ポップコーンをほおばって

映画を見るならフランス映画さ 若かった ...

翼あるもの

どしゃ降りの雨をぬけ 晴れ間に会えたと ...

朝まで待てない

あきらめ捨てた筈なのに 恋は眠りを 忘 ...

港からやってきた女

安い酒場である晩 テーブルにうつぶせて ...

からくり

見えないものが ある日急に 見えてくる ...

らせん階段

この世の中を何もなく 晴れた日をめざし ...

冷血(コールド・ブラッド)

男のガールフレンドが 狂言自殺 謀った晩 ...

この夜にさよなら

星のふる夜 ひとりぼっちで 誰かのぬく ...

破れたハートを売り物に

※破れたハートを売り物にして 愛にうえ ...

東京の一夜

東京の一夜は この街ですごす一年のよう ...

嵐の季節

けだるく何もない 昼下がり 最後のビー ...

フェアリー (完全犯罪)

完全犯罪 お前もくろみ 天才的に ペテ ...