evesta歌詞検索

うさぎ(森進一)の歌詞ページです。

うさぎ 歌詞

歌:森進一

作詞:保富康午

作曲:猪又公章

あの日はほんとに暑かった
村へと続く白い道
かげろうだけが揺れていた
夢中でぼくは 走ってた
母さん 待っててすぐ帰る
大事な仕事忘れてた

女手ひとつで ぼくたちを
育ててくれた母さんは
落した肩で うなずいて
遠くの村をみつめてた
貧しくひなびたあの村は
悲しく捨てた ふるさとさ

親子で荷物を持ちあって
真夏の道を港まで
おさない末の弟は
疲れて泣いて しゃがみこむ
おぶってやろうと思っても
許しておくれ 無理だった

(セリフ)ようやく港に着いた時 突然ぼくは 思いだす
小学校の夏休みに うさぎの係をしてたこと
このまま出かけてしまったら うさぎは餓えて死ぬだろう

あわてて駆け出すぼくだった
今来た道を学校へ
おなかを空かす つらさなら
誰よりぼくが知っている
待ちかねていた うさぎたち
さし出すエサに飛んでくる

埃にまみれてたどり着く
港に船はもういない
今度の船が出るまでに
どれだけ長く待つことか
それでも母さん ひとことも
叱らずぼくに ほほえんだ

母さんなにより嬉しいよ
こんなにつらい時でさえ
やさしい心忘れない
おまえは強い男の子
めったに泣かない母さんの
まぶたが濡れて光ってた

あれから何年たったかな
苦しい時が来るたびに
白いうさぎを思い出す
母さんの目を思い出す
いっしょうけんめい生きてます
母さんほめてくれますか
いっしょうけんめい生きてます
母さん泣いてくれますか
母さん 母さん
母さん 母さん

森進一について

1966 6月「女のためいき」でビクターレコードよりデビュー。デビュー曲としては驚異的な35万枚の売り上げを記録。1967 9月「命かれても発売。12月「盛り場ブルース」発売。レコードの売り上げ急上昇で、TBS「歌のグランプリ」、フジTV「ヒット速報」などのヒット賞を獲得。1968NHK紅白歌合戦初出場。1974「襟裳岬」発売、大ヒットとなる。この年「襟裳岬」で日本レコード大賞、日本歌謡大賞ほかを受賞。1980年女優の大原麗子と結婚するが、84年に離婚。1986年歌手の森昌子と結婚。2005年離婚。
森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

北の螢

山が泣く風が泣く 少し遅れて雪が泣く ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

女のためいき

死んでも お前を 離しはしない そんな ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

昭和・平成・令和を生きる

ひとつひとつの 時代を越えて 長い人生 ...

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんに ...

望郷

女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

花と蝶

花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけ ...

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる ...

冬の旅

ある日何かで これを読んだら 恋人 あ ...

女の真心

みんながやめろと 言う恋を あきらめら ...

吾亦紅

マッチを擦れば おろしが吹いて 線香が ...

夏子ひとり

夏子が手をふる 北の駅 未練がつないだ ...

ひとり酒場で

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな ...