evesta歌詞検索

花の乱(都はるみ)の歌詞ページです。

花の乱 歌詞

歌:都はるみ

作詞:阿木燿子

作曲:三枝成彰

咲き誇る夢 散り急ぐ花
この世で儚いものは 時の移ろい

寄せ返す波 泣き濡れた砂
人の営みにも似て 永遠に繰り返す

女として 愛されたいと
それだけが本当は望み
生命の限り

男として 真実であれと
呪文のように願うのは
身勝手ですか

吹き荒れる風 舞い踊る木々
薄紅色の吹雪に 愛も凍ります

十六夜の月 満ち潮の海
この世の習わし通り 満ちれば欠ける

ひとひらの恋 生き急ぐ日々
二度と帰らないものは 過ぎ去った季節

女として 抱かれたかった
黒髪でこの身を縛り
炎のように

男として 見事であれと
唇噛んで想うのは
薄情ですか

紅の闇 一人寝の夜
溜め息つけば心が 千千に乱れます

都はるみについて

昭和38年 第14回コロムビア全国歌謡コンクール優勝 昭和39年 「困るのことョ」でコロムビアレコードよりデビュー 「アンコ椿は恋の花」(星野哲郎・詩 市川昭介・曲)がミリオンセラーとなる。 同曲で第6回日本レコード大賞・新人賞を受賞 昭和40年 「涙の連絡船」が2作目のミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦に初出場 昭和51年 「北の宿から」で、日本レコード大賞、日本歌謡大賞の両賞を受賞 昭和55年 「大阪しぐれ」で、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。レコード大賞史上初の三冠王達成
都はるみの人気歌詞
北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

好きになった人

さよなら さよなら 元気でいてね 好き ...

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

千年の古都

約束もなく 日が暮れて 衣笠山に 一番 ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

さよなら海峡

死ぬなんて わたしバカですか 聞けば群 ...

枯木灘 残照

両手(もろて)にて君が冷えたる頤(おとが ...

道頓堀川

小雨がそぼ降る 道頓堀に 涙でともる ...

抱きしめて

心こんなに寒いわ あなたといても そう ...

聖母たちのララバイ

さあ 眠りなさい 疲れきった体を投げだ ...

渡り鳥仁義

夜の酒場の 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...

紅い花

雨の降る日は 寄りそう傘が あれば寒さ ...