evesta歌詞検索

ガンジス(長渕剛)の歌詞ページです。

ガンジス 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

4本の火柱がめらめらと 燃えさかり 煙が立ち昇る
俺は今 揺れる小舟の上 ガンジス河を下っている
細い路地裏には 死を待つ老人の群れ
座ったまんまで動かない
やせこけた右手を道行く人に出
小銭を手のひらを掴む
俺は船を降り 3時間近く
焼け崩れる真っ黒い人間を見た
「神様はどこにいるのか」と尋ねたら
老婆は自分の胸を指した
笑いながら 自分の胸を指した

Bye Bye ガンジス 大いなる河よ
Bye Bye ガンジス 何も教えてくれない
鮮やかな色に包まれた女たちは
今日も 明日も この河で乳房を洗う
今日も 明日も この河で乳房を洗う

やがて跡形もなく 白い灰になり
黄土色のガンジスに流された
わかっちゃいたけど 人間って奴が
確かに目の前で灰になった
裸足で櫓をこぐ老人が 憂い顔で俺に笑いかけた
深いしわを顔中に刻んで
「死んだら 灰になるだけさ」と笑った
旅をするのは 帰る家があるからだ
さすらいの旅ほど 淋しいものはない
ふと虚しさに突き落とされそうになったけど
「死んだら 灰になるだけさ」と笑ってみた
「死んだら 灰になるだけさ」と笑ってみた

※Bye Bye ガンジスもっと生きようと
Bye Bye ガンジス俺の命が叫ぶ
さよなら名も知らない死人たちよ
あなたのように強く死ぬまで生きようと
あなたのように強く死ぬまで 生きようと※

Bye Bye ガンジス…
Bye Bye ガンジス…

ベナレスの川岸に並ぶヒンズー寺院
ひと群れの牛を引く少年
大きな瞳で手をあげたとき
なぜに俺は目をそらしたんだろう
俺はふたたび小舟に乗り ポケットのハモニカを吹いた
悠々と時にまかせて音を飛ばしたら
生まれてきてほんとによかったと思った
ガンジスは何故よどんでいるのか
なぜ“聖なる河"と人は呼ぶんだろう
考えながら仰向けにひっくり返ったら
やけに空は高く青かった やけに空は高く青かった

Bye Bye ガンジス お前は黙ったまんま
Bye Bye ガンジス 答えなど始めからない
あるのは今 確かに「俺」ここに在る
そして明日 東京へ帰る そして明日 東京へ帰る

(※くり返し)

Bye Bye ガンジス…
Bye Bye ガンジス…

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...